2022年のまとめ記事

【米国株】8月の取引

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

久しぶりに少し動かしました。えっ、これが少しですかって(笑)

先日行った調査結果(【必見】2009年に投資した1万ドルがこんなに増えるなんて!!)などを踏まえたものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全売却

・ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)
・AT&T(T)
・クローガー(KR)
・ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)(ダウ採用後、特に不振な銘柄)
・エクソンモービル(XOM)(ダウからの除外決定前に売却)
・ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS.B)
・レイセオン・テクノロジーズ(RTX)
・ゼネラル・ダイナミクス(GD)
・JPモルガン・チェース(JPM)
・ウェルズ・ファーゴ(WFC)
・シスコ(SYY)
・クアルコム(QCOM)
・シスコシステムズ(CSCO)
・テキサス・インスツルメンツ(TXN)
・ブラックロック(BLK)
・SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF(SPYD)

スポンサーリンク

新規投資

・ダナハー(DHR)
・ハンティントン・インガルス・インダストリーズ(HII)
・ペイパル(PYPL)
・ショッピファイ(SHOP)
・ファストリー(FSLY)
・グローバルX クラウド・コンピューティング ETF(CLOU)

スポンサーリンク

追加投資(除く配当再投資)

・ホームデポ(HD)
・チャーチ・アンド・ドワイト(CHD)
・ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)
・コストコ(COST)
・ロッキード・マーチン(LMT)
・マコーミック(MKC)
・アルトリア・グループ(MO)
・シャーウィン・ウィリアムズ(SHW)
・マスターカード(MA)
・クロロックス(CLX)
・バンガード・米国増配株式ETF(VIG)

スポンサーリンク

削減

・CMEグループ(CME)
・バークシャー・ハサウェイ(BRK.B)
・インテュイティブ・サージカル(ISRG)
・メルク(MRK)

スポンサーリンク

総括コメント

思い返せば、新型コロナウイルスの影響により3月に急落した米国株式に「ガバッと」網を被せるように多数の銘柄(ただし、殆どが過去に調べて投資したことがある先)に投資したわけですが、その後、8月に入り主要指数が過去最高値を更新するところまで株価は上昇するなど、予想外の展開となりました。

これを受けて、「エルファンド」も史上最高値を更新するなど好調に推移しました。

少し余裕も出たところで、先を見据えてポートフォリオをシェイプ・アップしたものです。

冒頭にリンクしている調査結果を踏まえて、珠玉のポートフォリオの組み合わせを発見しました。
(参考)【米国株】これが「最強の10銘柄」かもしれない!?

1銘柄(ダナハー)を除き、既に投資していた先ですが、このポートフォリオの過去のトラックレコードが抜群に良いことから、ポートフォリオ全体に占める10銘柄のウエイトを高めることを主に目的としたのが今回のオペレーションです。

仕事を辞めて「入金」がないため、何かに投資するためには何かを売却せねばなりません。併せて、中長期的な見通しなども踏まえて、全部売却したものが多くなりました。(中には絶好調な半導体関連なども含まれます)

全売却が16、新規投資が6で、結果、従来に比べて10銘柄減りトータル「60銘柄」体制となりました。

基本的に、ウエイトが低かったものが整理され、中くらいのウエイトだった銘柄群が全般的に少しずつ投資額が増えています。なお、新規に投資した銘柄については、別途ご紹介したいと思います。

I hope you like it.

米国株ポートフォリオ(2022/12/30現在)
最新の米国株ポートフォリオ(全18銘柄)です。(As of 12/30/2022) Name Ticker 持株数 Weight(%) ロッキード・マーチン LMT 130 7.89 ビザ V...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資活動
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記