セミリタイア5年目の2023年を総括

「最強の10銘柄」への投資状況

この記事は約2分で読めます。

本ブログや拙著でご紹介した「最強の10銘柄」については、2021年2月の出版以降、それ以外の投資銘柄数を少しずつ絞る中で、順次、投資を増やしてきています。

2022年に入ってからも増やしており、最新の投資状況(保有株数)を表にしてみました。

今後も、極力、当該銘柄の取引をした都度、本投稿をアップデート(編集)したいと思います。

2021年12月末2023年4月末増減
ロッキード・マーチン120130+10
コストコ90120+30
ユニオン・パシフィック180300+120
ホームデポ120200+80
ユナイテッドヘルス・グループ100130+30
マコーミック500800+300
チャーチ・アンド・ドワイト500730+230
ダナハー150250+100
ビザ210300+90
ナイキ260500+240

(コメント)
・「「最強の10銘柄」の株価騰落率(2022/12/30時点)」の通り、拙著発売後、年末までの「最強の10銘柄」(単純平均)は指数(S&P500)に対して+22.7%と好調でした。

しかし、2022年に入ってからは一部は下落傾向にあります。(それでも、10銘柄の単純平均では善戦)

・米国FRBの利上げ、インフレの進行、ロシアによるウクライナ侵攻など不透明な環境下、足元の米国株式は今のところ厳しい展開ですが、だからこそ自分として投資歴が比較的長く、安心感もある「最強の10銘柄」への投資を増やしています。

・最終的に今後のパフォーマンスがどうなるか。私はこれらの銘柄には長期投資のスタンスなので、短期的な株価変動は気にせず、保有を継続していくとともに、更なる追加投資についても適宜行っていきます。

I hope you like it.

スポンサーリンク
投資活動
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。