セミリタイアを考えている貴方へ

世界中の金利が低下 なのに高配当株式が売られる不思議

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

トランプ大統領がまた過激な発言をしたことを受けて、世界経済の先行きが一段と怪しくなってきました。

5/30、米国が今度はメキシコからの全輸入品に対し追加関税を課すと表明したことを受けて世界経済の悪化懸念が一段と強まりました。

このため、株式を売って債券を購入(価格は上昇=金利は低下)する動きが加速した格好です。

日本経済新聞電子版


日本経済新聞電子版

この株安、債券高(金利安)の組み合わせは、よくあることなのですが、昨日5/31の株式市場の値動きが少し「変」です。

例えば、

高配当株式の代表格・AT&T(T)が3.77%の下落。タバコ株のブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)・アルトリア・グループ(MO)もそれぞれ2.64、2.29%と大きく下落しています。

タバコ株の不調は何も今始まったものではありませんが、昨日の様に市場全体が大きく売られる局面では、何だかんだ言っても生活必需品セクターということで割合下げに強いことが多いのですが、他と同様です。

こうした高配当株は、金利が上昇する局面では相対的に魅力が薄れるため、株が売られますが、今日は金利が低下しているのに大きく下げているのが違和感を持ちました。とにかく、株式のエクスポージャーを減らす動きなんでしょうか。

しかし、少なくとも通信株のTの下落には理由らしきものが見つかりました。

ソフトバンクグループ(9984)傘下の米携帯電話大手スプリントなどが売却を計画するプリペイド事業、ブースト・モバイルの買収に米アマゾン・ドット・コムが関心とロイターが報道したことが影響している模様です。

P.S.
マイ・ポートフォリオの中では、この日もマクドナルド(MCD)の株価の強さ(+0.10%)が光りました。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記