主要な米国株の配当支払い月一覧

私見

投資に対する考え方

資産形成は「入金力」と「運用力」で決まるという「身も蓋もない」話

以前、資産形成は「運用力」と「入金力」で決まる(2020/5/6)という記事を書いたことがあります。 若干、くどくなりますが、似たような、だけど大事なことだと思いますので、少し手を動かして記事を書いてみます。 予想することは悪く...
雑感雑記

モーニングスター「金融電卓」も重宝

以前から投資家に無料で提供されているツールに、投資信託の評価などを行うモーニングスターの「金融電卓」があります。 これには、5つの計算機能があります。 <運用-利回り> 手元にあるまとまったお金を毎月一定の金額で積み立てて、一...
雑感雑記

「逃げ切り計算機」は経済的自由確立後も重要なツール

本ブログの読者の皆様には、2007年からの私の投資の「実践」と2019年からの早期退職後の様子をお届けしています。 アーリー・リタイア関連の記事は、まだ退職後まもなく記事の蓄積も少ないのですが、読者の中で同様な計画をされている方への参...
雑感雑記

高配当株投資は難易度が高い投資方法

あくまで、個人的な考えです。 机上の空論ではなく「失敗経験」に基づいた話です。(自慢になりません) 高配当株投資とは 一口に「高配当株投資」と言っても、人により捉え方が変わってくるため、イメージを共有しておきたいと思います。私...
雑感雑記

公的年金の受給額の差は同年代では少ない

ツイッターで「年収1,000万円でも老後破産!? 高年収者が陥りやすい落とし穴」(MONEY VOICE)という記事が回ってきました。 内容はよくある「年収1,000万円」と「老後破綻」というパワーワードを使い人目を引くのが目的(失礼...
雑感雑記

2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」

2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」を選定しました(経済産業省) 個人投資家や機関投資家も注目している「グローバルニッチトップ企業100選」の2020年版が公表されました。 具体的な選出企業一覧は以下の通り。 ・...
雑感雑記

60歳での資産運用を展望

私は2019年51歳の時に少し周りよりも早く退職しました。 1年と半年ほど前です。 現時点では、現役時点と比べて「給与収入がない」点を除けば運用に関して、格別変わったところはありません。 リタイア前後では、配当重視がいいか...
雑感雑記

時間とお金の「縦」のアセット・アロケーション

「アセット・アロケーション」 これは、一般的には投資における資産配分(株式・債券・REITなど)を表します。 私の場合ですと、現在は個別株と投信を合わせて、アバウト米国株が7割、日本株が3割です。 「アセット・アロケーショ...
スポンサーリンク