ブログ更新:6月決算の会社の権利付最終売買日が到来します!

日本たばこ産業(JT)の株価推移

この記事は約3分で読めます。

個人投資家、中でも配当目当ての投資家の間で人気のあるJT(2914)の最近2年間の株価推移を確認しました。

株価(単位:円)参考(日経平均株価:円)
2017年5月(月末:以下同様)4,16119,650.57
2017年12月3,63122,764.94
2018年12月2,616.520,014.77
2019年1月2,75020,773.49
2019年2月2,83321,385.16
2019年3月2,74521,205.81
2019年4月2,57622,258.73
2019年5月2,492.520,601.19

2年前対比

・まず、少しだけ長めの期間で状況を把握しておきましょう。JTの2年前の5月末終値は4,161円もありました。それが、先月末時点では2,492.5円まで下がっています。この間の下落率は実に40%にもなっています。
・一方、同期間の日経平均株価は+4.8%と僅かですが上昇しています。高い配当利回りを勘案しても説明がつかない「差」が市場平均との間で生まれた2年間となっています。

年初来

・次に2019年に入ってからの株価はどうでしょうか。JTに限らず世界のタバコ株式は昨年大きく下げ、今年に入り一旦反転の兆しを見せましたが、足元では市場全体の軟化もあって再び弱含みとなりました。
・JTについては、昨年12月末対比で4.7%の下落となりました。日経平均は+2.9%と上昇していますので、やはりJTの「割り負け」が認められます。

5月月間騰落率

・では、昨年12月に続き、世界の株価が大きく下げた5月はどうだったでしょうか。まず、日経平均は単月で7.4%も下げて終わりました。
・一方、JTも下落しましたが3.2%の下げでした。日経平均の下落率に比べ半分と比較的軽微な下落となっています。流石に、JTの株価にも「底」が近くなってきているのだと思います。実際、私は海外のタバコ株式への投資で年末年始にかけて大きな実現「損」を計上しましたが、今年になってから投資額を増やしたJTについては現在の含み損は僅かです。

その他

・上記の通り、ここから極端な下げや割り負けは、そんなに心配する必要がないJT株ですが、日本株市場全体が下げて日経平均の2万円割れすら意識する状況では、相対的な投資の魅力度は低下したことが否めません。
・ですので、一時、無謀とも言える金額をJTに投資していた私ですが、他の銘柄にシフトしつつあります。私の場合は、あくまで、JTはたくさんある魅力ある投資先の一つであって、JTオンリーということでは決してありません。

P.S.
JTをこそっと全売却したりしても、怒らないでね。

I hope you like it.

雑感雑記
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記