2019年は過去最高に資産が増えた1年

NYダウ28,000ドルを示現 史上最高値!

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

11/15のアメリカ株式市場では、NYダウが終値で史上初めて28,000ドルをこえ、28,004.89ドルとなりました。(多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も過去最高値を更新)

ここまで上昇した理由の解釈はいろいろあるでしょうが、ここは事実として昨日が「史上最高値」であるということを認識しておきたいと思います。

そう、投資歴30年の人も10年の人も、まだ始めて間もない貴方も、等しく利益が乗っている状況にあるということです。

では、私が現在投資している16銘柄は、どういう状況になっているでしょうか。

過去最高値と比べてみました。
(単位:ドル,%)

 銘柄名ticker   11/15終値最高値最高値との比較
アルトリア・グループMO      47.9777.79-38.3
アマゾン・ドット・コムAMZN  1,739.492,035.76-14.6
ビザV    179.77187.05-3.9
スリーエムMMM    171.88219.74-21.8
マイクロソフトMSFT    149.97
アップルAAPL    265.76
ホーム・デポHD    237.29238.98-0.7
アルファベットGOOGL       1,333.54
ナイキNKE     93.0496.86-3.9
シャーウィン・ウイリアムズSHW    592.77
NVRNVR       3,595.173,939.99-8.8
マクドナルドMCD     193.97221.93-12.6
フェイスブックFB     195.1208.65-6.5
ジョンソン&ジョンソンJNJ     134.94148.97-9.4
ボーイングBA     371.68445.95-16.7
ネットフリックスNFLX     295.03385.99-23.6

(コメント)
・まず、昨日が最高値だったのが、マイクロソフト、アップル、アルファベット、そしてシャーウィン・ウイリアムズです。指数が最高値をつけているわけですから、時価総額の大きなIT銘柄も株価が高いのはある意味当然といえます。そうした中では、アマゾンの株価が相対的に冴えないですね。
・過去最高値から大きく下落しているのは米国タバコメーカー最大手アルトリア・グループ。足元で株価は底打ち反転していますが、まだ高値からは4割近く下落した水準です。米中貿易戦争の影響を受けたスリーエム、事故の影響を引きずるボーイングあたりも株価低迷組です。ただ私はアルトリアは安値で投資できたので50万円近い含み益ですし、スリーエムも含み益がある状態です。
・日本株含めて、最高に調子良すぎて「不安」になっている人も散見されますが、仕事をやめた私にとっては最高の状況と言えます。我が家の金融資産も「史上最大」です。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記