主要な米国株の配当支払い月一覧

イオン 役員報酬を削ってパート特別手当を支給

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

新型コロナウイルスを巡る企業対応について、今回はブログで取り上げたいと思います。

新型コロナウイルスに関しては、ほぼ全産業が影響を受けて、製造業・サービス産業、そして、もちろん一次産業も含めて、需要の急速な減少やサプライチェーンの混乱などに、対応を追われているところだと思います。

そうした中にあって、ウイルスにかかった患者の対応を行う医療機関とともに、国民に食料品を届けるいわばライフライン的な存在となっているのがスーパー業界です。

聞くところによると、マスクなどの欠品を巡って、顧客から叱責の声を店員が浴びせられるなど、ストレスフルな状況も漏れ伝わっているところです。

そんな中で、大手総合スーパーのイオンが、全てのパート・アルバイトに一律で1万円の特別手当を支給するとのニュースが飛び込んできました。
(参考)イオン/役員報酬を最大30%減額「特別手当」全国で支給(流通ニュース)

今期の当社業績も最大7割の営業減益が見込まれるなど、相当厳しい状況の中で「新型コロナに対する危機感をパートやアルバイトも含めた全社で共有する」狙いの模様です。

支給総額は明らかにされていませんが、イオンに勤めるパート・アルバイトの人数の多さを勘案しますと、数十億円の規模になると思われます。

岡田元也会長と吉田昭夫社長を含めた執行役9人と部門責任者7人の計16人が5月から10月までの半年間、月額報酬の一部を返納。会長と社長は月額報酬の30%を、その他の役員は10~20%をそれぞれ返納。なおイオンの主要グループ会社のトップも同様に月額報酬の10~20%を自主返納するとのことです。

イオンさん、グッド・ジョブ!

(参考)イオン、役員報酬を最大3割削減 パート特別手当に充当(日経会員限定)

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記