これが、米国株の実力です。

サラリーマンの「有り難み」と「恐ろしさ」

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

先日、テレビを観ていると、新型コロナウイルスの影響で職を失った家庭のことが取り上げられていました。

この番組を観て感じたことを今日はブログ記事にします。

スポンサーリンク

サラリーマンのフリンジ・ベネフィット

フリンジ・ベネフィット(fringe benefit)とは、企業が給与外に個人に与える種々の利益をさします。 役員などが使える乗用車をはじめ、住宅・教育などの補助や、格安での職場での食事の提供、社内低利融資などです。

私もサラリーマンを30年近く勤めましたが、会社の命令で全国(海外も)に異動を命じられるかわりに、転勤地では以前は会社の社宅がありました。かなり前に、合理化の一貫ですべて社宅はなくなりましたが、厚い住宅補助がありました。

毎日の通勤で必要となる交通費も多くの企業では通勤手当が支給されていると思います。

また、勤務先の信用や勤務年数に応じて、住宅ローンなどを借りる場合でも、見えない恩恵を受けることが出来るわけですね。これらのフリンジ・ベネフィットの有形無形の恩恵をいかに受けているのか。それを現役のサラリーマンは実感することが少ないのではないでしょうか。

失って初めてわかる有り難み

ここで番組の話。お勤めのメーカーの生産がコロナの影響で急減。その企業としても、人を遊ばせておくわけにいかず、人員縮小に踏み切り、番組に登場した男性は生憎その整理の対象とされました。

つまり「失業」です。

でも、「失う」のは職だけではありませんでした。今まで当たり前のように安く住むことができた住居から、即退去を求められたのです。仕方なく、一時的にホテル住まいの生活です。

そして、番組では特に説明していませんでしたが、求職活動で移動するにもいちいちお金がかかり、定期券があった時の有り難みを感じているのではないでしょうか。

このご夫婦も「住む家がなくなることが、こんなに不便なことだとは思いもしなかった」と話していました。

依存し過ぎることのリスク

一口にフリンジ・ベネフィットといっても勤め先によって、提供されるメニュー・程度は様々です。なので、俺のところは、定期券支給ぐらいしかないぞ、という方もいるかもしれません。

でも、もし皆さんのお勤め先が気前よく住宅補助等をしてくれているのだとしたら、その恩恵に感謝するとともに、もし、何らかの事情により廃止・縮小されることも一度イメージしておくと良いと思います。恩恵が大きければ大きいほど、それがなくなった際のダメージも大きいからです。

新型コロナウイルスが経済に大いなダメージを与える今、自分が番組の登場人物と同じ境遇に陥る可能性もあるかもしれない・・・と思って。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記