Financial Academyで初めて講師を務めます。

「楽天でんき」の支払い実績を検証

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

我が家は電気の利用は「楽天でんき」を活用しています。

先月(3月)の請求額が確定したので、興味本意で2019年度と2020年度の支払い額を比較してみました。

スポンサーリンク

1年間の支払い額

<2019年度>
154,394円
<2020年度>
143,686円

終わったばかりの2020年度の1年間に支払った電気料金は前年度比10,708円の減少(▲6.9%)となりました。

2020年12月下旬からの電力市場の価格高騰で、新電力が甚大な経営ダメージを受けている」などといったニュースが流れていたので、少し実際の利用料金への影響を懸念していましたが、今のところ問題がなかったようです。

四半期毎の比較

ついでに、上記だけだと、よくわからないので、今度は四半期毎に使用料も含めて比較すると以下の通りです。
<使用量:kWh>

4月〜6月7月〜9月10月〜12月1月〜3月年度合計
2020年度1,2501,3309851,8215,386
2019年度1,2641,1811,1181,8385,401
増減-14+149-133-17-15

・我が家は4人家族。3月まで妻は仕事をしていました。私は専業主夫?で在宅。
・コンロはIH、床暖房あり。空調はあまり使わず。
・四半期毎に多少のブレはありますが、年間を通して使用量は前年度比-0.28%と殆ど変化はありませんでした。

<請求金額:円>

4月〜6月7月〜9月10月〜12月1月〜3月年度合計
2020年度35,48336,49925,47646,228143,686
2019年度36,92533,69031,72752,052154,394
増減-1,442+2,809-6,251-5,824-10,708

・なお、この間のエネルギー価格の調査などは実施しておりませんので、悪しからず。

以上、今回は簡単な家計の状況に関する報告ネタでした。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記