拙著のAudible版(音声)発売中です。

名盤紹介「ザ・マン・アンド・ヒズ・ミュージック」(サム・クック)

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

先日の記事(音楽を良い音で聴く贅沢)などで、改めて私が音楽大好き人間であることをご認識していただいたところですが、今日は私の愛聴盤をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

サム・クックとは

アメリカの南部ミシシッピで1931年生まれる。牧師の父親を持ち、子供の頃からゴスペルと共に育つ。56年から64年という短い期間しか活躍せずに夭折した、R&Bやソウルのジャンルでは特に人気を有する歌手です。

有名な音楽誌「ローリング・ストーン」誌が選ぶ歴史上重要なアーチストにも数多く名を連ねるレジェンドです。その影響はロッド・スチュアート、ポール・ヤングなど多くのロックのアーチストなどにも及び、まさに音楽史を語る上でも知っておいて損のないネームです。まぁ、一種の教養ですな。

このCDの内容

私が生まれる前に亡くなったアーチストですので、もちろんリアルタイムでは聴いたことはありませんが、耳にしたことがある楽曲が多く、何かのきっかけで今から30年以上前、学生時代に手に入れたようです。

まだ、CDというフォーマットが世の中に生まれて間もない頃、LP時代に出たアルバムとは異なる構成で企画されたものであるとライナーノーツには書いてありました。

ソウルフルな曲、ダンサブルな曲、バラードあり、アップテンポあり

全部で28曲、収録時間70分超のいわばベスト盤である本作品は、飽きがこない至極の一枚と言えるでしょう。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記