常時SSL化(https表示)に成功

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

こんばんは。

【L】米国株投資実践日記の管理人エルです。

当ブログをWordPressで書く様になった当初から、課題であったサイトの常時SSL化を満を辞して断行しました。

「断行」と表現するのには、少しわけがあります。

常時SSL化とは

・SSLとはSecure Socket Layerの略で、データを暗号化し、安全に通信にするための仕組みです。この仕組みを導入しているサイトのURLは「https://〜」とsがついたものになり、アドレス欄の一番最初に「鍵」マークが表示されます。

メリット

セキュリティの強化

・サイトの改ざん防止や個人情報の漏洩防止等セキュリティが強化されます。

信頼性が向上

・安全性が高まることで、利用者に安心感を与えることが可能となります。

SEOに多少有利かも

・これは、どの程度向上するかは、まだわかりませんが、GoogleがSSL化を推奨していることを考えると、少しはSEO対策にも効果が期待できます。

デメリット

サイトの運用コストが増加

・SSLサーバー証明書の発行には、通常費用がかかるため、ブログであれば毎年の維持コストがアップします。私は無料の証明書を利用しました。

一般のサイトにリファラーを渡せなくなる

・Sがつかない一般の「http://〜」で始まるサイトには、リファラーをお渡しできなくなるそうです。

ソーシャル系ボタンのカウント数がリセットされる

・これまでに何人の人にシェアされたか等をカウント表示していた場合には、一旦、これがリセットされてしまい、過去からの継続性が保てなくなります。

広告収入の減少リスク

・これは、むしろ増える可能性も一部では指摘されている様ですので、それほど心配は不要かと思われます。

サイトがおかしくなる失敗リスク

・これが、個人的には一番気になる問題でした。結果的には、以下の方法により、今のところスムーズに移行できました。

私が採用した導入方法

・事前にたくさんのブログ等をチェックし、上記リスクがある中で、最後は「えいや」と「断行」しました。
・まず、人によって、諸条件が異なると思いますので、私の利用環境をお伝えしておきます。

  • サーバーは「エックスサーバー」
  • ブログを書くソフトウエアは「WordPress」
  • テーマは「Simplicity2」

・まず、エックスサーバーを操作し無料の証明書を取得しました。そして、WordPress側の必須な操作を行い、それからプラグイン「Really Simple SSL」(これは必須ではない)を導入し、既存の記事をSSLに転換するとともに、いわゆる「リダイレクト処理」も同時に行いました。記事の一番後ろにある参考記事をご覧ください。

事後処置

個別記事のチェック

・自分で個別に記事を確認しました。現在では全ての記事がうまく移行されている模様

Google AnaliticsとGoogle Search Console等を修正

・ブログ運営者の定番の利用ツールであるGoogle様の提供ツールへの設定内容を変更しました。Google検索ボックスのタグも修正
・人気ブログランキンのブログパーツを張り替え

(参考)
迷わず常時SSL化!エックスサーバー+WordPress+Simplicity2の場合(Web漂流伝-R)
Simplicityの「簡単SSL対応」機能を用いてサイトをSSL化する方法(Simplicity)
WordPress簡単に常時ssl化(https化)!一括転換のプラグイン「Really Simple SSL」と混在の確認方法(TOMOIKUセンスのいい健康ロハス生活)
HTTPSをランキング シグナルに使用します(Google公式ブログ)

以上です。

私の場合は、プラグインを使ったことで比較的楽に移行できましたが、個人により諸条件が異なるため、必ず上手く行くかどうかはわかりません。

実際に移行を考えている方は、ご自分で十分に調べて、ゆっくりと時間の取れる休日に実行に移されることをオススメします。

<お願い>
・当ブログをRSSリーダーにご登録いただいている方は、再登録が必要となるかもしれません。お手数ですが、ご確認をよろしくお願いいたします。

I hope you like it.