全く投資をしたことがない友人に勧めた投資本

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

エルです。

今月から独自ドメインを取得し新しいアドレスでブログを書きだしましたが、おかげさまで開設3日目の昨日は約800PVを計測しました。これも、常連さんやリンク先のおかげです。現在は「検索」経由のアクセス流入がほぼ皆無なので、ツイッター等SNS経由で当ブログをご覧になっている方が多い状況です。

さて、前置きはこれくらいにして本題。

去年だったか一昨年だったか正確な時期は忘れましたが、40代の友人の女性からこんな相談を受けました(私がブログを書いていることは知っています)。

「これまで、預金ばっかりでほとんど投資したことがないんだけど、まず最初に何を読んだらいい?他のことと違って、私本当に投資のこと全くわからないの」

私はこう返答しました。

「そうねぇ、kindle版もあって安くて手軽に読める本があるんだけど、どう。ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子さんの本で適当なのがあるよ。基礎の基礎って感じのが」

その本は『3000万円をつくる投資信託術』(朝日新書)です。

上記相談を受けた時は、親しい友人であること、本当に何も知らない感じだったので正直ヘタに教えてしまうと友情壊れるな(笑)と思いながら、オススメしました。(他にもメッセージではどんな投資信託がいいとか聞かれましたが、会話は秘密にしておきます)

後日、読んだ感想は「非常、わかりやすかった。ありがとう!」(絵文字もついていたかも)という感じのものでした。

その後、投資の話はしていませんが、足元の相場の変調で狼狽えていなければよいのですが。おそらく慎重に投資をされていると思うので、大丈夫だと推測しています。

ちなみに、当ブログには定番のコンテンツで「【保存版】オススメ投資本10冊(初級者編)」ともう少し投資経験のある方を想定した「【保存版】オススメ投資本10冊(中級・上級者編)」というものがあります。

このブログの常連読者には「また、それか」と言われるくらいのものなのですが、初めて弊ブログをご覧になった方はご参考ください。

I hope you like it.