ブログ更新:ポートフォリオ概況(2019/5/17時点)

『天才たちの日課』の様な生活がしたい。

この記事は約2分で読めます。

今日は少し前に読んだ『天才たちの日課』という本で知ったことについて書いてみたい。

カテゴリーは「書評(読書メモ)」の「投資本以外」にしたが、決してそういうものではない。

本の概要

本書の原題は「Daily Rituals」

世界の偉人たちの日常的な習慣について、取りまとめたもの。

過去から現在までの著名な作家や芸術家、音楽家、思想家、学者など161名もの人物が登場し、彼ら・彼女らの、仕事、食事、睡眠、趣味、そして人づき合いに至るまでの「時間」の使い方について紹介したのが本書だ。

登場人物

本書に名前が出てく人物の一部を挙げると以下の通り
・フランシス・ベーコン
・フェデリコ・フェリーニ
・ベンジャミン・フランクリン
・カール・マルクス
・村上春樹
・フランツ・カフカ
・サンセット・モーム
・ルイ・アームストロング
・フランク・ロイド・ライト

感じたこと

当たり前だが、生活パターンは様々。だから、素晴らしい業績を上げるための王道はないと感じた。すなわち「道」はたくさんある。

朝を重視する人が多い感じ。朝を一日に「二度」作るため、早朝に起きて二度寝する人もいた。

気分転換や創造性を引き出すために「散歩」をする人が目立つ。

仕事(創造的な活動)を午前にした後、午後はお酒を飲んだり、カフェで友人と会話を楽しんだりする人も多い。

最後に一言
「こんな、ゆったりとした生活が理想的だ」

I hope you like it.

『あなたの1日は27時間になる。』は多忙な税理士のノウハウが凝縮
最近、読書量が減っていて、先月も10冊しか読めていないのですが、その中で比較的万人にオススメできる本をご紹介しておきます。(特に残業が多い人にオススメ)著者は税理士で時には「有名カープ女子」にも変身する方です。いや、広島東洋カープの応援をす
投資本以外
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記