2009年、200冊読んで良かった本 ベスト13+α

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

年月が経っていますが、2009年読んだ本の中から特によかったものを選びましたので、ご参考までにご紹介します。

時間が経った今200冊の本を振り返ると、どんな内容だったっけ?というものも中にはありましたが、ここに挙げたものは個人的にどれも価値があったものです。

ランク付けは非常に難しいため、順不同で、まず特によかったベスト13冊を挙げておきます。

次にその他でよかったものです。

全部で34冊です。ベスト13の+αの部分が随分多くてすいません(笑)。

こうして、並んだ書名を見ると、2009年は(1)戦争等で壮絶な体験をした方のノンフィクションで良い作品に出会えた、(2)「死」に関する本を意識して読んだ、(3)「社会起業家」という言葉が気になった、(4)サブプライム後の経済を占うための本を2008年同様たくさん読んだ、(5)自己啓発系の本も相変わらず読んだ、(6)投資本もたくさん読んだが良いものは少ない、といった点が2009年の特徴でしょうか。

I hope you like it.