「1億円では足りないだろ!」に対するご回答

2020年分の確定申告が完了!

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

我が国の税制は「申告納税制度」という仕組みとなっており、本来であれば自分で納めるべき税額を計算し、申告・納税することとなっています。

ところが、多くのサラリーマンは勤め先が源泉徴収して、これらの作業を「代行」しているのが実情です。ただ、会社が従業員の全ての情報を持っているわけではないので、毎年年末になると年末調整と称して、生命保険料等の書類を徴して、その結果、徴収し過ぎていた場合(もしくは足りない場合)には12月の給与支払い時等で「調整」する形となっています。

私、毎年この年末調整が面倒でとても嫌でした。

ほぼ例外なく確定申告していたので、パスすることも可能だったのでしょうが・・・

スポンサーリンク

初の電子申告

例年ですと、パソコンで作業・印刷し、管轄の税務署まで紙で提出して控えに受領の証をもらって帰るという「儀式」を行なっていました。

今回はコロナ禍でもあるし、マイナンバーカードも持っているので、スマホでの電子申請に初めてチャレンジし先ほど無事に以下の文言で受付られました。

受付結果の内容
提出先
●●税務署

利用者識別番号
(16桁)

氏名又は名称
(本名)

受付番号
20桁くらい

受付日時
何分何秒まで記載

年分
令和02年分

種目
所得税及び復興特別所得税

所得金額
●●●

以下、省略

今回申告内容

私は専業投資家ですが、金融商品の収入等について「総合課税」で申告しました。

1年間の所得金額をほかの所得と合計して所得税を算出します。

<収入>

税率は累進課税(5%〜45%)が適用されます。(所得が4,000万円超となれば45%!)

関係があるものは、株式の配当と雑収入(広告料・アフィリエイト・放送出演料・貸株料)です。

<控除>
・社会保険料控除(国民年金・国民健康保険及び任意継続分)
・iDeCo
・生命保険(学資保険)
・地震保険
・基礎控除(48万円)
・配当控除(12万円)

今回は総合課税で申告したので「日本株」の配当(税前120万円)の1割相当の配当控除を受けることが可能です。

税金

・所得合計(総合課税の合計額)から上記の控除額(配当控除除く)を引いたものに対して「5%」の税率で税金を計算
・既に特定口座で支払い済みの株式等の譲渡にかかる税金と上記5%相当を合算
・ここから配当控除12万円を引き所得税額を計算。これに復興特別所得税(2.1%)を加えれば、昨年の本来支払うべき所得税及び復興特別所得税の額が確定します。
・これが源泉徴収済の金額よりも少ないため、数十万の還付を受けられる予定です。

感想など

・まず、スマホでは画面(文字)が小さく50代の私には少々見づらかったですが、それでもスマホとマイナンバーカードだけで電子申請できてしまうのは非常に便利です。
・昨年は株式のポートフォリオをよりトータルリターンを意識したものに変更した結果、米国株含めた配当額が少なくなったので、累進課税(5%)で払う税金は僅か(配当控除を勘案すれば実質ゼロ)でした。
・サラリーが無くなったことで、基本的には株式の配当や売買益しか生活を支えるものはなくなりましたが、現役時代にたくさん払っていた税金の支払いもその分少なくなり、上記の通り一旦支払った社会保険料なども税金計算上は支払う税金を減らす項目となっているのです。
・無職なので、必ず確定申告をしないと社会保険料等を取り戻すことは無理ですが、大した手間ではありません。私はこれまで通算覚えていない位の数、自分で申告しています。なお、この後、住民税について「申告不要」の手続を区役所において行う予定です。

住民税「申告不要」手続き:練馬区の説明がわかりやすい!
現在、確定申告シーズンの真っ最中ですね。 私はエントリー「【Semi-Retired】税金・健康保険に関する話題など」にある通り、先週税金の「還付」を無事受けたところです。 さて、比較的最近、個人投資家の間では、静かにホットな話...

(参考:今回用意したもの)
・スマホ(iPhone)
・マイナンバーカード
・特定口座年間取引報告書(電子交付されたものからデータをメモし国税庁のサイトからその他数値と合わせて入力)
・iDeCoなど控除に申請したものの関係書類

I hope you like it.

『【エル式】 米国株投資で1億円』 の概要を著者自らご紹介
来月の私の初の著作の出版の時期が近づいてきました。 ちょうど年末年始を利用して、ほぼ最終となる原稿チェックを行い、明日宅急便で編集者に赤ペンを入れた原稿を送る予定です。 幅広い読者を想定 本書は約30年間の投資経験やセ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
家計管理
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記