ブログ更新。PMとMOから配当金を受領。

高配当株式を全て売却

Mediamodifier / Pixabay

先週に入り、いわゆる「高配当」な米国株式を全て売却しました。

売却したのは、たばこ株式(PM・MO)やAT&T(T)、ロッキード・マーチン(LMT)、それに米国株ではありませんが、米国上場ADRのUL(ユニリーバ)、ADRついでに中国株のTAL(会計に疑念あり)なども処分しました。

年間受取配当額(予想)は大きく減少

・この結果、概ね年間100万円(税引き前)だった配当金は、数十万円減少見込みです。
・配当そのものに、それほど(今は)こだわりは無かったのですが、なんとなくですが、月10万円サラリー以外の収入があったらいいなぁ、と考えていたのですが、その状態は当分お預けです。

2017年の手取り配当金は7,180ドル
そういえば、昨年に受け取ったトータルの配当金額について、特に記事にしてなかったので、メモがわりに記事に残しておきましょう。 2017年は「米国株投資」に本格的に舵を切った年でした。 米国株への個別株投資そのものは2005年から2...

今は元本の成長を最優先

・今はまだ勤め人であり、かつ、当然ですが収入の範囲内で生活し余剰分を投資に回しています。つまり、今は配当があっても再投資するだけです。
・そのため、今は数パーセントの配当に神経質になる事よりも、場合によっては数十パーセントのリターンが期待できる様な企業への投資割合を高める事にしました。(高配当株と成長株のメリット・デメリットを天秤にかけると、成長株に軍配が上がりました。)
・なお、「中」配当株式には、引き続き、ちゃんと投資しています(笑)

いつかは配当重視へ

・でも、将来、セミリタイアした時など、サラリーが大きく減少した際には、資産の取り崩しや配当で毎月の生活費等を賄う必要があります。
・その様な時が到来した際には、毎月のキャッシュ・フローが計算できる高配当株式や、個別株式ではなくバランスファンド等一部換金してもポートフォリオが大きく崩れないファンドへの投資を主軸に据えている可能性もあるでしょう。

I hope you like it.

3rd ステージにある私の資産運用
久しぶりにこの言葉を使うことができます。 「資産運用が好調」 過去最高値を更新する米国株、円安・ドル高による為替益(円換算額の増加)を主因に、金融資産が「過去最高」の金額となっています。 今年は年初からの世界的な株安の影響...

コメント