ブログ更新:ポートフォリオ概況(2019/5/17時点)

2017年の手取り配当金は7,180ドル

この記事は約2分で読めます。

そういえば、昨年に受け取ったトータルの配当金額について、特に記事にしてなかったので、メモがわりに記事に残しておきましょう。

2017年は「米国株投資」に本格的に舵を切った年でした。

米国株への個別株投資そのものは2005年から2008年にかけて行っていましたが、リーマン・ショックなどを踏まえETF等にシフトししばらく遠ざかっていました。

2017年の1年間で受領した配当金(税引後:外国税額控除前)は7,180.23ドルとなり、2016年の2,987.12ドルの2.4倍でした。(これ以外にも日本株からの配当金も少額ありますが、含めず)

これは、増配による配当成長というよりも投資元本が大きくなったことによるものです。

なお、今年は利回りの低い米国債券のETFに一部シフトした関係で、配当金は減少を見込みます。2018年は昨年までの様に、配当金の受取の都度、記事で披露することはないでしょう。

【米国株】配当金の入金状況(2017年:月別)
いつまで開示するかは、自分でもよくわかりませんが、ブログのネタとして、また自分の資産運用の楽しみを目に見える形で記録しておく意味で記事にしてログを残しておきたいと思います。(一部債券ETF含む) 配当金推移 入金月 受取金...

(参考)バフェット太郎氏の2017年の手取りは9,814ドル

I hope you like it.

【米国株・債券】配当金(年別・月別推移)
配当成長を記録します。(単位:USドル,税引後) 2017年は税引前(9,853.29ドル)では、日本円換算で100万円を超えたものの、税引後では届かずでした。2018年は、前年よりも配当収入は少し減少しました。2019年1月と2月は...
配当利回り7%の投資先が見つかれば安泰だ
仮の仮の話ですが、私の場合、資産運用全体で配当利回り7%で固めることが出来れば、これからの人生における金銭面の見通しは「かな〜り」クリアになります。 まぁ、現在の超低金利で、世界の株価も最近下げたとは言え水準としてはまだまだ高い今の情...
配当金
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記