2019年は過去最高に資産が増えた1年

配当利回り7%の投資先が見つかれば安泰だ

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

仮の仮の話ですが、私の場合、資産運用全体で配当利回り7%で固めることが出来れば、これからの人生における金銭面の見通しは「かな〜り」クリアになります。

まぁ、現在の超低金利で、世界の株価も最近下げたとは言え水準としてはまだまだ高い今の情勢では、実際には難しいですね。

ちなみに、私が今個別株の中で多めに保有しているタバコ株はどれも配当利回りが5%以上。5%なら、割と簡単に実現出来ます。

でも7%と5%は大きな違いがありますね。

以上、取らぬ狸の皮算用でした。

I hope you like it.

6%はあります。

日本たばこ産業・JTと運命を共にします(Really?)
主力投資先の日本たばこ産業(2914)、通称JTの株価がなかなか下げ止まりません。 昨年末から今年年初にかけて大きく下落し、直近での安値(2547.5円:2019/1/4)をつけた後、一旦2900円前後まで反転していましたが、再び、こ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
投資に対する考え方
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記