2021年のまとめ記事

【米国株】ポートフォリオ(2021年12月末)

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

セミリタイア3年目の年末の米国株ポートフォリオは、30銘柄で着地しました。

NameTicker持株数Weight(%)
バンガード・米国増配株式ETFVIG6009.32
マイクロソフトMSFT2507.61
アマゾン・ドット・コムAMZN257.54
アップルAAPL3104.98
チャーチ・アンド・ドワイトCHD5004.64
コストコCOST904.62
ユナイテッドヘルス・グループUNH1004.54
ホームデポHD1204.50
ダナハーDHR1504.46
マコーミックMKC5004.31
ビザV2104.12
ユニオン・パシフィックUNP1804.10
ナイキNKE2603.92
ロッキード・マーチンLMT1203.86
シャーウィン・ウイリアムズSHW1203.82
S&PグローバルSPGI803.42
スリーエムMMM1502.41
エヌビディアNVDA902.39
アルファベットGOOGL92.36
ペプシコPEP1302.04
ジョンソン・エンド・ジョンソンJNJ1001.55
プロクター・アンド・ギャンブルPG1001.48
ネットフリックスNFLX261.42
マクドナルドMCD501.21
エッツィーETSY601.19
モデルナMRNA501.15
テスラTSLA121.15
コパートCPRT751.03
ベリスク・アナリティクスVRSK400.83
SPDR ダウ工業株平均 ETFDIA10.03
スポンサーリンク

2021年の主な投資状況

・2021年も新型コロナウイルスに世界中が翻弄される1年となりました。一方、経済や人の心身は痛めつけられているにも関わらず、株式市場は2020年から上昇を続け米国株は何度も史上最高値を更新しました。終わってみればS&P500指数は+28.9%、ダウ平均は+20.2%、ナスダック+23.2%の上昇となり、日本株に関しても日経平均が2万9千円近くまで上昇、TOPIXは年間で約10%上昇して終えています。
・昨年は「コロナショック」があった2020年とは異なり、比較的安定的に推移、個人的にはひやっとする場面もほとんどなかった感じがします。(参考)2021年は「8勝4敗」

この間、常時フルインベストメントの状況でした。1年を通して「コロナショック」時に増やしすぎた銘柄の数を少しづつ調整しながら現在の銘柄数(30銘柄)で着地しました。(売却した資金は上位銘柄に主に振り向け)
・米国株の運用成績(参考)はエントリー「2021年の運用成績」に記載した通り、ドルベースで約+22%となりました。

ポートフォリオの基本的な考え方

・私の現在の米国株の投資先選定の基本的な考え方は、日本人でも多くの人が知っているような米国企業への長期投資です。コアの銘柄はアマゾンなど製品・サービスを自分でも使い理解度が高く、また長年にわたり増配を続けるなど確固たる収益基盤のある先をメインとしています。
・その上で、一部については敢えて新興企業等にも資金を投じています。
・なお、投資するセクターについても工夫を凝らして「負けない」運用に配意しています。

詳細は昨年2月に発売した拙著をご覧ください。
(参考)【ご連絡】初めての本が2月に出ます!

今後のスタンス

・2019年1月に仕事を辞めて専業投資家となってからセミリタイア生活も4年目となりました。この間、米中摩擦の激化やコロナなど決して穏やかな情勢ではありませんでしたが、当初想定していた以上の運用が継続できています。
・2022年も上記基本的な考えに沿った運用を継続し、クオリティ・オブ・ライフを意識しながら、最適化を図っていく所存です。なお、米国株については、毎月入金があるドルの配当金を100%再投資します。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産内容
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記