タバコ株に追加投資。ポートフォリオがタバコまみれに?

最近の日本株式市場において、配当利回りの高さで話題に登ることが多いのが、日本たばこ産業(JT)です。

私は最近になって再投資しました。

日本たばこ(JT)に再投資
連日年初来安値を更新し、配当利回りが約4.8%と5%近くまで上昇した日本たばこ(証券コード2914)を昨日の夜PTS市場において、300株@3149円で購入しました。 同社株式につきましては、2017年のNISA枠で投資していましたが...

この時の株価(@3,149円)でも、十分に安いと思っていたのに、3月に入り一段と下げが加速。

JTに限らず、世界的にタバコ株が売られているので、JT固有の事情ではないと私は捉えています。

だから、先週3,000円を割り込んだところで、資金を文字通りかき集め、500株追加投資しました。

タバコ株に関しては、他にも米国株のアルトリアグループ(MO)を保有していますが、先週はこれに加え新たにブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)にも初めて投資。

さらに、JT・BTIに追加投資を行い日・米・英の合計で時価1,700万円程度投資金額となっています。

ちなみに、タバコ企業の数字(配当利回り等)を調べてみると以下の通りとなっています。(ブログ「長期投資でのんびり資産運用」からを引用)

配当利回り増配率配当性向
MO4.7%8.2%69.7%
PM4.5%2.8%81.1%
BTI4.9%12.9%62.7%
JT5.3%7.1%63.9%

かなり、魅力的に映るのですが。如何でしょうか。

でも、投資判断は自己責任でお願いしますね。

P.S.
その後、ポートフォリオの整備を進め、タバコ株含む高配当株式全般を売却しました。タバコがダメというわけではありません。

高配当株式を全て売却
先週に入り、いわゆる「高配当」な米国株式を全て売却しました。 売却したのは、たばこ株式(PM・MO)やAT&T(T)、ロッキード・マーチン(LMT)、それに米国株ではありませんが、米国上場ADRのUL(ユニリーバ)、ADRつい...

I hope you like it.

コメント