2021年のまとめ記事

我が家の6月の配当ボーナスは98万円

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

今日で6月、そして、2022年の前半が終わりですね

6月といえば、サラリーマンならボーナス月

残念ながら、2019年に退職した私にはボーナスはおろか、毎月のサラリーもありません。

そんな我が家ですが、今月は投資先から配当金が連日のように入金され、今日、6月分が確定しました。

スポンサーリンク

総額は98万円

日米の株式に投資しているので、手軽に円ベースで配当額を知るには、メイン証券の楽天の特定口座損益を見るのが一番簡単です。それによれば、以下の写真の通り980,844円(税前)となっていました。

ちなみに、同じ6月の数値を拾ってみると

2021年:393,874円
2020年:358,713円
2019年:933,256円

となっており、それまで最多だった2019年を上回り、6月としては一番配当が多い月となりました。

内訳

ご存じの通り、日本株は年2回の配当が殆どである一方、米国株は四半期配当となっています。今月は日本の3月期決算企業の配当(最大は日本郵船の375,000円)が多く入ってきたので、この様な数値となりました。

あと2万円で大台の100万円だったのにね!

なお、米国株(一部債券あり)と日本株の金額の内訳は以下の添付記事の通りです。月次で記録しています。

【米国株・債券】配当金(年別・月別推移)(セミリタイア以降)
<概要> 2022年も継続して配当・分配金の受領状況を記録していきます(単位:USドル,税引後) 今年は年初にポートフォリオを組み替えたので、かなり増えることが期待できます。 なお、スペースの関係で2016年から記録しています...
【日本株】配当金(年別・月別推移)
米国株で行っている配当管理と同様のものを2020年から始めました。(単位:円,税引後) (参考)【米国株・債券】配当金(年別・月別推移)(セミリタイア以降)        2020     2021 2022 20...

ただし、上記は税引後ベースです。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
配当金
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記