アルトリア・グループ(MO)から配当をいただきました。

規則正しい生活が一番だ

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

lograstudio / Pixabay

弊ブログは投資ブログですが、金融資産への投資以前に重要な投資に「健康投資」があります。

「投資」と大上段に構えなくても、最低「心配り」くらいは健康にしたいものです。

私も50歳を過ぎ、昨年から重い腰を上げて毎週ジムに通い始めましたが、週2回以上、リタイアする前からキチンとトレーニングが出来ており、肉体の変化も感じているところです。昨日はお風呂に入りながら、自分の胸を触って「ついに、胸にも筋肉がついてきた」と悦に入っておりました(笑)。

さて、4月になり学生から社会人になった方、勤務地が変わった方など生活のリズムを崩しやすい時期ですが、最低以下のことは実行することをお勧めします。(全て「基本中の基本」ですが、これが出来ない息子に昨日の夜LINEでメッセージを送ったことに加筆しました。)

スポンサーリンク

寝る時間と起きる時間を定刻にする

・若い人は夜更かし、朝寝坊しがち。でも、休日含め1日の生活のリズムを一定にすることは、非常に重要
・睡眠時間はできれば7時間確保したい
・朝陽を浴びると、体内時計にスイッチが入りますので、日差しを浴びましょう。

風呂に極力入る

・お風呂に入ることの効能は、まず体を清潔にすることがありますが、実は腸の働きを良くする効果が入ります。
・もし、便秘がちな貴方が普段シャワー浴びて済ましている人だったら、お風呂の効果があるかも

朝食をとる

・朝ごはんについては「食べる派」「食べない派」明確に分かれますね。私も若い頃は後者の「食べない派」でしたが、今は必ず食べる様になりました。
・朝食をとることで、胃腸が動き出し、これも便通を良くする効果があります。

毎日歯を磨く

・普通の人であれば「毎日」歯を磨くことくらいはしているでしょうが、していない人(私の息子)もいます。改めて言う必要もありませんが、大人の歯は一度虫歯になると元に戻りません。この「損失」は一生涯ついて回ります。
・「毎日」歯を磨くことに合わせて、私がアドバイスしたいのは、朝食「前」に歯を磨くこと。そして、食後すぐ歯を「磨かない」ことです。これは、読んだ本の教えを忠実に実行しています。朝起きてすぐの口内はバイ菌でいっぱい。それを歯磨きで一掃する。食後は消化促進の為に唾液がたくさん出ているのに、歯を磨いてしまうと、せっかく出てきた唾液が台無しになる。そして、口臭の原因に実はなっているのです。

お金より大事。読んでおきたい「健康本2冊」
今年になってから、まだ6冊しか読んでいないのに、「これからの人生において重要な健康に関する本」2冊に出会うことができました。 大袈裟ではなく、それは「貴方」にも当てはまるかも知れません。 そんな事を思いながら、ブログ読者の皆さん...

部屋を掃除する

・これは、とにかく汚い息子の部屋を見て指示内容に入れたもの
・綺麗な部屋は、気分もリフレッシュし、広い意味での健康に寄与するでしょう。(ちょっとシンドイかな)
・ちなみに、退職後は「準専業主夫」として、家の床掃除など率先して行っています。

パソコン・スマホを使う時間に一定のルールを

・家にいると(家にいる人は)、PCなどを触る時間がどうしても増えがち。やはり、際限なくネットを使っていることは、目にも良くありません。1日何時間まで使うか、目標を定めたいところです。
・よく言われることですが、寝る前のネットの閲覧は睡眠を妨害するので、気をつけましょう。
・なお、椅子に座り過ぎの生活は体に良くありません。

『座らない!』(トム・ラス)は腰掛けてしっかりと読むべき
自分の健康を決めるのは日々の「選択」です。 「正しい選択の積み重ねで人生は変えられる」と著者は言います。 <著者紹介> ・本書の著者のトム・ラスはビジネス・健康・経済の分野で活躍する人間行動学の専門家。米ギャラップ社で13年間にわ...

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記