ブログ更新:ポートフォリオ概況(2019/5/17時点)

2017年上期の読書活動を分析

この記事は約3分で読めます。

昨年「8月の読書活動を分析」という記事を書いたことがあります。

これは、

・ズバリ読んだ本の満足度の分布

・独自の区分けである「僕の読書における3つの領域」による仕分け

・良かった本

を紹介したものでした。

今回、同様に2017年上期時点の分析を行ってみましたので、興味のある方はご覧ください。

満足度の分布状況

読んだ本は、読了した都度、個人的な満足度(他人への推薦できる度合いではありません)を★の数で評価し記録に残しています。満足度★★★★★が最高の評価で、満足度☆☆☆☆☆が最低評価(さすがに過去出現したことはない)です。私の場合、満足度★★★☆☆がモードで全体の6〜7割が星3つに区分されます。
・満足度★★★★★   1冊
・満足度★★★★☆ 17冊
・満足度★★★☆☆ 47冊
・満足度★★☆☆☆   8冊
・満足度★☆☆☆☆   1冊

今年上期も上記の通り、読了した74冊のうち63.5%が星3つでした。

「僕の読書における3つの領域」による分類

エントリー「僕の読書における3つの領域」では、読む本を3つの大きな目的別に分類しました。
その分類に従って、上期読んだ本を仕分けすると
・Practical use(実用的な読書)⇒4冊
・For fun(楽しみのための読書)⇒66冊
・To become educated person(教養人になるための読書)⇒4冊
となりました。

圧倒的に「単なる楽しみ」のために読んでいる本が多い結果となりました。

もっと「噛み応えある」本を読まないといけませんね。

これまでで良かった主な本

最後に74冊の中で星4つ以上を付与した18冊の中から、一部をピックアップして挙げておきます。(時間ができればコメントも追加したい・・・)

I hope you like it.

雑感雑記
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記