2021年のまとめ記事

瀬戸内国際芸術祭2022「春」に参加

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

先日の記事(参考:米国株の下げは続きますが旅に出ます。)で少しお伝えしていましたが、香川県に単身赴任している友人の近況伺いを兼ねて、関東から私以外に1名、関西から1名が合流して、4/14から開催していた「瀬戸内国際芸術祭2022」の会期「春」に参加してきました。

ちなみに、私以外は女性です。

スポンサーリンク

瀬戸内国際芸術祭2022の概況

瀬戸内国際芸術祭(以下「瀬戸芸」と言う)は瀬戸内海の12の島と2つの港を舞台に開催される現代アートの祭典です。会場は瀬戸内海の12の島(直島・豊島・女木島・男木島・小豆島・大島・犬島・沙弥島(春のみ)・本島(秋のみ)・高見島(秋のみ)・栗島(秋のみ)・伊吹島(秋にみ))+高松港・宇野港周辺となっています。

コロナ前は、国内各地からだけでなく、アジア・ヨーロッパなど多くの国からも、瀬戸内海の美しい自然とアートを目当てに多くの観光客を集める人気イベントとなっています。

今回の主な旅の内容

我々は今回、女木島と小豆島を主に訪問しました。

以下、現地で撮影した多くの写真の中から抜粋して掲載します。

女木島

買い物袋がアートになっていました。

小学校がカラフル

子猫に遭遇

女木島の小山の上から高松方面を望む

小豆島

寒霞渓ロープウェイに乗り、小豆島の秘境「寒霞渓」へ

与島・沙弥島

坂出駅で下車しバスに乗車

与島のアート

瀬戸大橋の下にある与島

沙弥島案内図

どこの南国?というくらい、とても綺麗な景色でした。

沙弥島にもいました。

いろいろな角度から瀬戸大橋を眺めました。

食事

香川県といえば「うどん」

2晩連続、女性陣に囲まれた快心の笑みをお見せできないのが残念

宿

宿泊したドーミーインからの景色。夜鳴きそばを胃袋に入れる余裕はありませんでした(笑)

土産

某新聞社のTさんの顔が思い浮かび、売上に貢献

以上、普段の記事とは異なり、写真が多めのブログ更新でした。

気の合う仲間とリアルで会って、旅をして飲み食いして。いやぁ、楽しい2泊3日の「大人の遠足」でした。

また、瀬戸芸にも行きたいです。寒霞渓は一生に一度は訪問しておきたいスポットですぞ

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記