米国株ポートフォリオを更新

日経ヴェリタス「億り人 解体新書」に登場

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

久しぶりに日経ヴェリタスに取材協力して、記事が掲載されました。

日経ヴェリタス 2022年10月16日号

掲載されたのは巻頭の特集記事

日経ヴェリタスが調査会社と共に計1000人の個人投資家(うち1億円以上の金融資産保有者500名)に投資手法やポリシーなどのアンケート調査を実施

その調査結果をベースに、個別に私を含む個人投資家への取材を行い肉付けした記事となっています。

その記事のタイトルが「億り人 解体新書」

・男性7割・女性3割 平均年齢52歳
・現金は最小限
・長期保有
・海外資産
・投資の勉強に時間をかける
・下落局面でも耐える

などの共通点が浮かびあがってきたといいます。

私に関しては最初のページから始まって、似顔絵付きの囲み記事もあり、過去にヴェリタスに掲載された時と比べてもボリューム多めとなりました。

国内旅行前・後に取材協力した甲斐がありました(笑)

なお、日経ヴェリタスと私の関係は、創刊号の頃に購読を開始し、その後、一時、購読をやめていた時期もありますが、数年前取材を受けたことをきっかけとして、購読を再開、電子版を購読しています。

I hope you like it.

「となりの億り人」(著:大江英樹)にエルが登場
この数年、マネー雑誌やSNSに頻繁に登場するようになった“億り人”という言葉 「1億円以上の金融資産を保有する人」を意味しますが、これは2008年に公開された映画『おくりびと』をもじった言葉です。 各種調査によりますと、「世帯主...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記