2022年のまとめ記事

2024年からの新NISAにかかる対応方針

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

今週内にも2023年度与党税制改正大綱のとりまとめが行われるので、その内容確定を待ってから実際には判断しますが、新しいNISAの制度の概要はほぼ固まった模様です。
(参考)NISA年間投資枠360万円に拡大了承 自民税調幹部会合(日経:2022/12/13)

・現在の一般NISAとつみたてNISAを一本化
・と言いながら、同じ制度内でつみたて部分で年120万円(月10万円✖️12回)
・従来の一般NISAに相当する部分を「成長投資枠(仮)」とした上で現行の2倍の年240万円に
・1年間の投資上限は360万円
・富裕層に恩恵が偏るのを防ぐため、生涯通算で1800万円の投資上限枠を設ける
・24年から制度を恒久化し、配当金などに税金がかからずに投資できる期間を無期限にする
・生涯枠は買い付け残高で管理する。途中で売却して枠に余裕ができれば、その分はまた投資できる→本当なら素晴らしい!

上記を受けた私の方針ですが

専業投資家であり定期収入(給与収入)がない身分ですが、配当金などに税金がかからずに投資できる当該制度が上限があるとはいえ無期限で使えるのであれば、活用しない手はありません。

既存の特定口座で投資している投資信託や日本株をマーケットの状況を見ながら適宜売却して、この新しいNISA枠に資金をシフトさせる方針です。

おそらく2024年の最初の年から360万円フルで枠を埋めにいって、5年で使い切る感じになると思います。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記