セミリタイア5年目の2023年を総括

大江英樹さん、天国で安らかに

この記事は約2分で読めます。

経済コラムニストの大江英樹さんが、1月1日に71歳で亡くなりました。
(参考)大江英樹さんが死去 経済コラムニスト(日経)

私が大江さんと出会ったのは、大江さんが野村證券を退職して直後の今から10年以上前

以来、音楽など主に共通な趣味があることから、プライベートで仲良くさせてもらっていました。

一緒にポール・マッカートニーのライブに行ったり

私が地方に単身赴任の際、泊まりで遊びに来てくれたり

自宅のCDを整理する際、コレクションの一部を頂いたり

また、夫婦で会食するなど、本当に親しくさせてもらっていました。

そんな関係もあり、私が初めて出版して以降は、よくコラボしてトーク・イベントをしたり、同じテレビ番組などに出演したことも複数回ありました。

思い起こせば、大江さんと言えば、日経のコラム「人間発見」にある通り、多趣味で博識の人でした。
(参考)「定年楽園」を生きる 経済コラムニスト・大江英樹さん(会員限定記事)

誰もが、憧れる人生の先輩でした。

昨年夏、大江さんのラジオ番組にゲスト出演の依頼を受け承諾した直後、入院され残念ながら再会できないまま、永遠の別れとなってしまいました。

今後は、大江さんの書籍やセミナーなどで教えていただいたことを思い出しながら、私の人生に役立てていきたいと思います。

大江英樹さん

本当に、いろいろとありがとうございました。

どうか、天国で安らかに

P.S.
1/10の通夜に参加。その場で配布された幻の原稿が公開されました。
(参考)マネーのまなびの水先案内人 追悼・大江英樹氏の遺稿(2024/1/19:日経電子版)

I hope you like it.

スポンサーリンク
雑感雑記
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記