ブログ更新:【日本株】高配当株三銃士はこれ(2019年8月)

「新嘉坡」訪問記録

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

今月頭に家族とシンガポールに行ってきました。

シンガポールを漢字で書くとタイトルの文字となるそうです。

3泊5日と短い旅でしたが、活力あるアジアの国への旅は有意義でした。

以下、印象に残ったことを少々

スポンサーリンク

イチャつく男女

・シンガポールの中央年齢が38.1歳(参考リンク)(日本は45.9歳)と若いからなのでしょうか。地下鉄など公衆の面前で、男女(人種は問わず)が、ベタベタとイチャつく光景をよく目にしました。

エスカレーターのスピード

・やはり理由が年齢に起因するのか、単にせっかちなのか、忙しいのか、よくわかりませんが、エスカレーターの動くスピードが日本とは全く違い、とても速かったです。逆にシンガポールの人が日本に来たら、なんて遅いんだ!と驚くに違いありません。

人種のるつぼ(坩堝)

・月並みな感想ですが、シンガポールは人種のるつぼの都市であり、コスモポリタンな感覚溢れる場所でした。シンガポール人口の約7割がシンガポール人、残り3割が外国人です。
・シンガポール人の97%は中国系・マレー系・インド系で占められていますが、街を歩けば、肌の色は黄色・白・黒様々でした。
・言語は公用語の英語がもちろん一番多く聞こえましたが、中国語やその他国々の言葉も飛び交っていました。定住人口の3割も外国人がいるので当然ですね。


今回2度目のシンガポール訪問で初めてマーライオンに会えました。


シンガポールのランドマーク「マリーナベイサンズ」


最近できた話題のスポット「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

(参考)

海外旅行渡航先一覧(国・都市名)
エルです。 本日、アジア某国への海外旅行から帰国しました。 そのレポートは別途書くとして、私の過去の海外旅行歴について、まとめてみましたので、ご興味のある方はご覧ください。 概況 ・1988年の「初海外旅行」以来、訪問した国...

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記