セミリタイアの準備・実施に関する記事(まとめ)

【米国株】大手IT株に負けずに上昇した4月の石油株

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

大きく下落した3月とは打って変わり、4月の米国株は大幅に上昇しました。

29日朝発表された2020年1~3月期の米国内総生産(GDP)は前期比年率で4.8%減と6年ぶりのマイナス成長となり、米議会予算局(CBO)による20年4~6月期の米経済成長率も年率換算で約40%のマイナスと予測されるなど、米景気後退入りは避けられない見通しです。

こうした中で、新型コロナウイルスまん延による事業環境の変化が、影響を受けにくいとの見方からアルファベットをはじめとする「GAFA」やマイクロソフトといった大型ハイテク株に資金が集まりやすくなっています。

ゴールドマン・サックスによると、S&P500種株価指数の時価総額に占めるマイクロソフト、アップル、アマゾン・ドット・コム、アルファベット、フェイスブックの5銘柄の割合は23日時点で20%まで上昇。上位5銘柄の割合は1980年以降の平均(14%)を大きく上回るそうです。

実際、私の保有株でもある各社の4月の株価上昇率(4/29時点)は、FBが28%、AMZN24%、AAPL15%、GOOGLとMSFTが16%程度と大きなものとなりました。

一方で、石油株(厳密には総合エネルギー株と言った方が適当でしょうが)も4月はIT株に負けず劣らずに上昇しました。

・シェブロン(CVX)34.76%
・エクソンモービル(XOM)28.02%
・ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS.B)12.68%(追記あり)

一番上昇率が低いRDS.Bでも市場全体並みです。

エントリー「やはり原油安の先行指標だった石油株」で、マイナスの価格をつけた原油価格をよそに、石油株が上昇していることを主に私の買値との比較でご説明しましたが、上記の通り月間を通して堅調であったことが確認できました。

マイ・米国株ポートフォリオは、整備が済んだと判断しているので、当面、大きな売買はなく配当再投資のみ予定していますが、5月以降の米国株の展開も楽しみです。

追記)2020/5/1
ロイヤル・ダッチ・シェルはこの後、80年ぶりとなる減配を発表。これを受けて株価(RDS.B)は13%下落
(参考)シェル、80年ぶりに減配へ 石油需要減で自社株買いも停止(ロイター)

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記