これが、米国株の実力です。

Portfolio Checkerを利用開始

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

これまで、米国株のポートフォリオの管理については、いろいろとツールを試してきましたが、今回、無料で活用できるものの中で良さそうなものを見つけたので、早速、本日、自分のデータを入力してみました。

スポンサーリンク

Portfolio Checkerの紹介

・リベルテ(liberté)(@liberte312)さんという方が無償で提供
・サイトのアドレス:https://www.portfoliochecker.com
・概要説明をされているブログがあったので、以下をご参照ください。
(参考)ポートフォリオチェッカーで保有中の米国株の損益を公開!(300万ポイントゲッター楽天経済圏住人DCHIの資産運用で1億円を目指すまでのブログ)
・登録後、公開範囲を自分で自由に設定可能。もし、他の登録者の情報も閲覧したい場合は、最低「PF割合のみ公開」とする必要あり。

マイ・ポートフォリオの最新状況

・先日、4月末時点の私が保有する米国株・ETF全70銘柄の投資割合とセクター割合を開示したばかりですが、それと同じ公開範囲のものを日次で確認できるようになりました。
・既に登録している方は「エル」で検索すれば出てくると思います。

注意点

・あくまで、一個人の方が趣味の延長線上でツールを一般にシェアしているものですので、安全性・正確性・今後の継続性など保証されていません。
・その点は割り切って利用する必要があるでしょう。まぁ、私のような大量の銘柄で無ければ、登録は簡単だと思います(笑)
・なお、銘柄数が少ない方は以下のツールも選択肢になりますね。

今更ですが、ポートフォリオ管理(時価更新)を自動化
まだ、そんな事もやっていなかったのか!と呆れられそうですが、やっていませんでした。 何かというと、保有する個別株を管理する際、時価を自動で取り込むあれです。 だって、最近はマネーフォワードが株式に限らず、全てやってくれる...

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記