これが、米国株の実力です。

バチェラー・ジャパンにハマってしまいました。

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

たまたま目にした記事がきっかけで、こんなにハマるとは思いませんでした。

スポンサーリンク

経緯

世界的な人気を博する婚活リアリティショー『バチェラー』

その男女逆転版『バチェロレッテ』の紹介記事を目にしました。
(参考)Amazonビデオ「バチェロレッテ」が話題呼ぶワケ(東洋経済オンライン)

私はこの類の情報に疎く、『バチェラー』のことも知りませんでしたが、視聴者にはお馴染みのロマンチックなデートシーンが数々用意され、薔薇を渡すか否かで脱落者を決定するお決まりの「ローズセレモニー」という流れです。

試しに、日本版が開始されて間もない、この『バチェロレッテ』(一人の女性のハートを射止めるために、17人の男性候補が婚活サバイバル)をまず視聴。すると、主役の福田萌子さんが内面含めてとても魅力的な女性であり、男性陣も個性豊かな面々が揃い、面白い!ではありませんか。不覚ながら(笑)、感情移入しながら一気に放映済の回を見終わりました(継続中)。

そして、その後オリジナル『バチェラー・ジャパン』(シーズン1)をほぼ全て(ゲストが出演する回はパス)2日間で一気に最後まで見ました。

感想

シーズン1は2017年に放映されたもの。東大大学院卒の青年実業家をめぐって、25名の多彩なキャラクターの女性たちがバトルを繰り広げます。

放映時期は前後しますが、少し前に「テラスハウス」の問題があった後でもあり、リアリティショーへの疑いの念を少し持ちながらの鑑賞となりましたが、毎回シーンに特に不自然さはなく、真剣・リアルそのものでした。

男女逆転版『バチェロレッテ』に比べて、最初は女性陣の「女の嫉妬」などがキツく、少し見るのがしんどい場面もありましたが、最後の結論が知りたくて、連続して見てしまいました。

自分が主人公の男性・久保氏の立場になったら、毎回「誰かを落とす」場面で薔薇の重みを感じて辛くて泣いてしまうでしょう。

最後に残った2人の中から1人が選ばれるシーンは、息をのみました。(落選した方が選ばれるものと思っていました)

冒頭に書いた通り、(50代の親父なので当然ですが)そもそも、この類のものに普段関心を持っていなかったのですが、ハマってしまったのは、個性的な登場人物の「人間としての魅力」に引き込まれたことが最大の理由です。

もちろん、綺麗なデートのシーンが普通は体験できない様なシチュエーションだったこともありました。

ちなみに、この事を妻に話をしたところ、「何が面白いのか分からない」風のクールな反応でした。

鑑賞しながら幾度も目頭が熱くなった私。妻よりも私の方が「乙女心」を持っているのかもしれません(笑)

I hope you like it.

「逃げるは恥だが役に立つ」を恥を覚悟で観始めた
Amazon Prime Videoの対象作品に【TBSオンデマンド】の「逃げるは恥だが役に立つ」がなっています。 作品概要 ・海野つなみのラブコメ漫画が原作 ・原作の人気を踏まえて、TBSでドラマ化。2016年10月から12月に...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記