これが、米国株の実力です。

マーケットの水準と資産の状況を確認

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

ブログ運営上、定期的に自分の過去記事をチェックしています。

というのも、ブログはまさに自分の「ログ」なので、時点を変えて読むことで色々な発見があるからです。

昨年11月に以下の投稿をしていました。

NYダウ28,000ドルを示現 史上最高値!
11/15のアメリカ株式市場では、NYダウが終値で史上初めて28,000ドルをこえ、28,004.89ドルとなりました。(多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も過去最高値を更新) ここまで上昇した理由の解釈は...

当時は新型コロナウイルスの問題は発生していませんでしたが、米中摩擦が激しい頃です。

でも、米国株式市場は「史上最高値」となり、キリの良い数字だったのでログを残したものです。

2019年は日本株のウエイトを高めていた時期で、この時の米国株の保有銘柄は今より少ない16銘柄でしたが、当該銘柄の株価が現在(2020/10/23)どのようになっているのか確認しました。

スポンサーリンク

16銘柄の株価騰落率

(単位:ドル,%)

 銘柄名ticker 2019/11/152020/10/23騰落率
アルトリア・グループMO      47.9739.08-18.5
アマゾン・ドット・コムAMZN  1,739.493,204.40+84.2
ビザV    179.77198.01+10.1
スリーエムMMM    171.88169.80-1.2
マイクロソフトMSFT    149.97216.23+44.2
アップルAAPL    66.44115.04+73.1
ホーム・デポHD    237.29283.00+19.3
アルファベットGOOGL       1,333.541,632.98+22.5
ナイキNKE     93.04129.99+39.7
シャーウィン・ウイリアムズSHW    592.77683.31+15.3
NVRNVR       3,595.174,205.99+17.0
マクドナルドMCD     193.97228.71+17.9
フェイスブックFB     195.1284.79+46.0
ジョンソン&ジョンソンJNJ     134.94145.24+7.6
ボーイングBA     371.68167.36-55.0
ネットフリックスNFLX     295.03488.28+65.5

(コメント)
・まず、先週末のNYダウは28,335.57ドルでしたので、この間の騰落率は僅かですがプラス(+1.2%)でした。
・16銘柄中マイナスだったのは3銘柄で、一番下落したのはボーイングでした。一方、上昇した銘柄は殆どが二桁の上昇で、最も上昇したのがアマゾンの84%でした。次点はアップル(株式分割を調整済み)の73%上昇です。
・なお、この後、売買しているので、私の実際の保有状況とは異なります。

金融資産の変化

同じ期間における私の金融資産(運用資産ではなく全ての金融資産)はジャスト10%増加していました。毎回、注意書きしていますが、私は2019年1月に仕事を辞めていますので、実質的な運用利回りはこの10%に昨年11月以降の生活費・旅行代金などの支出相当(数百万円)を足したものとなります。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記