Financial Academyで初めて講師を務めます。

紀伊國屋書店さん ありがとうございます!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

日本に数ある書店の中でも、全国の主要都市に店舗を有して有名なのが紀伊國屋書店です。

私は関西出身ですので、就職する前までは「梅田本店」によく足を運びました。就職してからは、新宿に寄った際は本好きなので「新宿本店」に行き、地方に転勤になった際もお世話になりました。

<新宿本店>

その紀伊國屋書店において、拙著『英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円』を大々的に店頭で展開いただきました。以下の写真は新宿本店です。

週刊ダイヤモンドで私が取り上げていただいた号(参考:週刊ダイヤモンドに初掲載)の関連書籍として新宿本店に2列も平積み。しかも「売れてます!!」のPOP付きです。

<ウエブストア>
そして、一時在庫切れをおこしていたのですが、重版後、すぐにネットで在庫の補充を行っていただき、先週なんと「在庫400冊」も仕入れていただきました。

おかげ様で、その後、順調に在庫(ウエブストアへのリンク)は減少中です。

<紀伊國屋書店の売上を見れば全国の動向がわかる!?>
友人の著者の方から教えていただいたのですが、紀伊國屋書店はPOSデータ(いつ、どこの書店で、どの本が、何冊売れたのかといった販売データを収集したもの:POSは、Point of Saleの略。)を業界に提供しており、ここでの売上は全国の書店のおおよそ5%から7%に相当するとのことです。

(参考)(出版業界の豆知識)本の売上を見るPOSデータには、どんなものがあるか(日本著者販促センター)

仮に7%を適用すると、紀伊國屋書店で700冊売れた頃には「全国では約1万冊」本が売れている可能性があるということです。

もちろん、書店毎に強いジャンルとか傾向があり、一概に言えないのですが「著者」となった私にとっても参考になる情報です(笑)

ちなみに、全国にある紀伊國屋書店の殆どのお店(在庫検索)で拙著は取り扱っていただいている様です。

I hope you like it.

拙著の想定読者など
エルです。 拙著の出版前1月に「『【エル式】 米国株投資で1億円』 の概要を著者自らご紹介」という記事を書きました。 これを書いたのは、本を読む前の「期待」と「実際」の距離を事前に埋めておく目的です。 1月はまだこの本が書...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記