ブログ更新:日経新聞の投信コラムに掲載されました。

アジアに拡大するユニクロの工場

Couleur / Pixabay

先日、かなり久しぶりにUNIQLO擁するファーストリテイリングの株主になりました。

だからというわけではないのですが、UNIQLOでジーンズを2本購入しました。

ユニクロで服をよく買いますが、ジーンズはやはり久しぶり(だって、長持ちするんだもの)だったので、製造国を確認したところ、バングラデシュでした。

昔はユニクロに限らず衣類の製造といえば中国でしたが、中国の人件費の高騰や、製造国の分散(特定国に依存することによるリスクをヘッジ)の観点から、バングラデシュ以外にも製造地が増えている様です。

ファーストリテイリングのHP(参考リンク)で調べてみると、ユニクロ主要縫製工場は現在184カ所(中国、バングラデシュ、カンボジア、インドネシア、日本、タイ、ベトナム)ある様です。

実際、我が家にあるユニクロ製品を見ても、古いフリースやダウンジャケットは中国製ですが、新しく買ったフリースはベトナム製でした。

こうした製造地の分散は、株主としても歓迎します。これからも、株主兼消費者としてファーストリテイリングの動向をウォッチしていきます。

I hope you like it.

コメント