セミリタイアを考えている貴方へ

アジアに拡大するユニクロの工場

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

Couleur / Pixabay

先日、かなり久しぶりにUNIQLO擁するファーストリテイリングの株主になりました。

だからというわけではないのですが、UNIQLOでジーンズを2本購入しました。

ユニクロで服をよく買いますが、ジーンズはやはり久しぶり(だって、長持ちするんだもの)だったので、製造国を確認したところ、バングラデシュでした。

昔はユニクロに限らず衣類の製造といえば中国でしたが、中国の人件費の高騰や、製造国の分散(特定国に依存することによるリスクをヘッジ)の観点から、バングラデシュ以外にも製造地が増えている様です。

ファーストリテイリングのHP(参考リンク)で調べてみると、ユニクロ主要縫製工場は現在184カ所(中国、バングラデシュ、カンボジア、インドネシア、日本、タイ、ベトナム)ある様です。

実際、我が家にあるユニクロ製品を見ても、古いフリースやダウンジャケットは中国製ですが、新しく買ったフリースはベトナム製でした。

こうした製造地の分散は、株主としても歓迎します。これからも、株主兼消費者としてファーストリテイリングの動向をウォッチしていきます。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記