【保存版】読書論・読書術のオススメ本10冊

Katrina_S / Pixabay

今回はブログ更新のお茶濁しじゃないですが、投資には全く関係のない本の話題です。

私は「読書家」ではないですが、本をたくさん読んだ人であることは間違いありません。

正確なところはわかりませんが、社会人になってから読んだ本は3000冊は超えていて、4000冊以内のどこかでしょう。

アラフィフなので、社会人になってからの年数も長いので、当然といえば当然ですけど。

そんな私ですが、読書のクオリティ自体を向上させる目的で、「読書論」や「読書術」の類の本も結構読んでいます。

今日はそんな中から、いくつか良書をピックアップしましたので、ご参考になれば幸いです。

少し時間に余裕ができたら、コメントも付したいと思いますが、とり急ぎタイトルを並べました。

全て、満足度★★★★☆以上。読んで損なしです。

なお、当ブログでは、他にも本に関するたくさんの記事を掲載していますので、お時間のある時にチェックしてみてください。

1433冊から厳選した優良本のまとめ
「さらば!レバレッジ投資実践日記」 2017/9/2付で当ブログの「起源」である旧アドレスで書いていた「レバレッジ投資実践日記」時代の投稿とアカウントを「全て」削除しました。 ピーク時は1600ほど記事がありました。 完全...

I hope you like it.

2017年上期の読書活動を分析
昨年「8月の読書活動を分析」という記事を書いたことがあります。 これは、 ・ズバリ読んだ本の満足度の分布 ・独自の区分けである「僕の読書における3つの領域」による仕分け ・良かった本 を紹介したものでした。 ...

コメント