2018年9月に読んで良かった4冊

StockSnap / Pixabay

エルです。

少し遅れて良かった本を紹介するシリーズ。今回、ようやく9月まできました。

8月分は3冊ご紹介しました。

2018年8月に読んで良かった3冊
エルです。 少し遅れて良かった本を紹介するシリーズ。今回は暑かった今年の8月に読んだ13冊の中から、選りすぐりの3冊をご紹介します。 7月分は4冊ご紹介しました。 アマゾンを知る ・やっぱり今の時代はAmazon...

伝説的なファンドマネジャーのジョン・テンプルトン卿のテクニックを知る

マネー誌が「20世紀最高のストックピッカー(銘柄選択者)」と称えた投資家の考え方を学べる本です。著者自らが書いた本ではありませんが、それでも十分読了に値します。「悲観の極み」の投資を極めたい貴方にオススメ!

今、一番売れ筋の転職活動本

多くの書店の店頭の目立つところにあったので、手に取り中身を確認し購入したものです。
実際に「使える」本だと評価しました。

小売株保有者・業界関係者にオススメ

世界的に知られる小売コンサルタントの方が著者。タイトルは「小売再生」と再生の文字がついていますが、このタイトルにとらわれずに、今の(欧米の)小売業界を取り巻く環境や主要企業(ウォルマート、ホームデポ、アマゾン等)の立ち位置がよくわかります。

2018年9月のNo.1

そして、最後はこれ。『破天荒フェニックス-オンデーズ再生物語』は必読ですぞ。
(参考) 破天荒フェニックス-オンデーズ再生物語は超オススメ

I hope you like it.

コメント