セミリタイアを考えている貴方へ

【日本株】中小型株ポートフォリオを開示(2019年8月)

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

エルです。

ちょうど1カ月前に日本株全体のポートフォリオの概況をお示ししました。
(参考)【日本株】現在のマーケット環境を踏まえたポートフォリオ(2019年7月)

その時の日経平均株価は21,466.99円

そして、本日の終値は20,563.16円です。

僅か1カ月で900円以上下落。率にすると意外と大したことはなくて、4.2%の下落でした。

今日の日経新聞の記事「なぜ日本株はかくも動かなくなったのか」(有料会員限定)にある通り、前日のNY市場の大きな下げを受けて、何度も2万円を割れそうな場面がありましたが、しぶとく2万円台をキープしています。

これは、米国株に比べて先行して下げが進んでいたため、バリュエーション(株価評価)が相対的に低いことが一番の要因として考えられます。

実際、日本株を細かくウオッチしている私も「今の日本株は買い!」と判断し、日本株の割合をこの間増やしました。

スポンサーリンク

日本株ポートフォリオの一部の詳細を開示

前回は日本株全体のポートフォリオを「ハイテク・外需」「ディフェンシブ」といった大きなグルーピングでその割合と主要な銘柄名のみをお示ししました。

今回は「中小型株」に限って、簿価と保有株数も全て開示いたします。なお、ここで言う中小型の定義(一般的には時価総額の相対的に小さなものを指す)は私の「感覚」で独断と偏見で決めたものになりますので、その点はご了承ください。

証券コード銘柄名簿価単価(円)保有株数(株)
2127日本M&Aセンター2,9391,000
2925ピックルスコーポレーション2,282500
3179ショッピン1,018200
3182オイシックス・ラ・大地1,299100
3550スタジオアタオ719600
3611マツオカコーポレーション2,187100
3835eBASE994300
3902メディカル・データ・ビジョン1,120100
6027弁護士ドットコム4,844100
6189グローバルキッズCOMPANY901500
6409キトー1,4061,400
6556ウエルビー1,911200
6571キュービーネットホールディングス2,297100
6750エレコム4,003700
7564ワークマン5,292400
8876リログループ2,6861,000
8897タカラレーベン348100

コメント

環境認識

・世界景気の悪化が一段と懸念され、これを受けて世界的に金利の低下が進みました。マイナス金利の債券の割合も拡大
・米中貿易摩擦を主因とする景気悪化がこの先どの程度のものになるかは誰もわかりませんが、相当程度マーケットはこの1ヵ月で織り込んだのではないか

投資銘柄について

・全部で17銘柄ありますが、時価の大きい上位5つは日本M&Aセンター、エレコム、リログループ、ワークマン、キトーの順(各銘柄概ね2〜3百万円)。この辺の会社に一番期待しています。
・工業用荷揚げ機大手のキトーを除き、内需成長株中心に固めています。
・なお、この中小型株ポートフォリオ以外に、最近開始した新しい取組みによるポートフォリオ、大型株のポートフォリオ(JTやメガバンク、総合商社など)があります。大型株の顔ぶれもかなり入れ替えを行いました。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産内容
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記