ボロ株扱いのGEに再投資を敢行!

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

米国株のダウ採用銘柄の中でも、今年特に株価の調子が悪い(年初来YTDが▲24.6%)代表格であるゼネラル・エレクトリック(GE)に投資しました。(@23.3128ドル)

当社概況

・祖業は発明王エジソンの電気照明会社ですが、現在はエネルギー関連、エンジン(航空、船舶、産業用)、ヘルスケアなど幅広い事業領域を持つコングロマリット(複業企業体)の代表格です。
・以前、金融部門が収益のコアでしたが、2015年に大胆にも売却。
・足元では、業績が不振で、物言う株主トライアンとの攻防が注目を集めています。

投資経緯

・当社株式については、実は2016年にも投資していたことがあります。同年3月に初めて投資(@30.967ドル)。その後、複数回に分けて金額を増やしました。でも、何か「勘が働き」、7月に@32.703ドルと@31.373ドルで全部売却していました。(売却損益はドルベースでは購入価格よりも売却価格の方が上回るのですが、これに為替が絡むので、ほんの僅かな損でした。)

・結果的には、上記の通り2017年を代表する「ボロ株」になり下がってしまいましたので、一旦売却していたことでキャピタル・ロスを回避できた形となります。

・私の米国株ポートフォリオは、守りに強いことを旨としており、当社株の様な経済状況の変化等に大きな影響を受ける性質の株式は極力組み入れない方針ですが、「不人気」ゆえ投資チャンスがあると判断しました。なので、ポートフォリオのコアを占めることはありませんが、利益が得られるまではホールドする方針です。

本投資が「意味ある投資」となりますように

(参考)『マネーの公理』(マックス・ギュンター)は繰り返し読む価値あり

I hope you like it.