セミリタイア5年目の2023年を総括

75万円の還付金が入金

この記事は約2分で読めます。

1月13日に行った確定申告(正確には払った税金を取り戻す手続なので「還付申告」)に基づいて、本日、早朝に税務署から還付金が振り込まれていました。

金額は申請通り

まず、入金された金額は、四捨五入して約75万円の大金です(笑)

エントリー「確定申告(令和4年分)の予定」で書いた内容で、スマホから申請した通り、1円違わず入金されました。

これまで、かなりの回数、申告をしていますが、申告内容と入金が異なった記憶はありません。

少し時間を要した理由

一方、今回は1/13(金)の申請から2/10(金)の入金まで、1ヵ月近く時間がかかりました。

昔、紙で申請書を印刷して、わざわざ税務署まで持参(私はそれを「儀式」と呼んでいました)していた頃は、その位時間を要した記憶がありますが、近年、スマホでの電子申請が可能になってからは速くなったので、この約1ヵ月というのは遅いです。

ただ、これには理由があります。

マイナンバーカードを持っていて、スマホから電子申請すると、税務署での作業の進行状況がオンラインで逐次連絡されてきます。

ある時、その連絡が「振込作業中止」(文言は正確ではないかも)となっていたので、不審に思い、こちらから税務署に電話で確認をしました。

すると、私が申請した直後に、誤りに気づき、再申請をしたことで、先方でのデータ確認のステップに通常よりも少し時間がかかるとの説明

てっきり、スマホから小さな画面でかなり多い入力をしたので、本当のミスでもしでかしたか?と最初は想像しましたが、テクニカルな要因だった様です。

来年は最終的な申請の前に、入念にチェックしてから申請を行う所存です。

I hope you like it.

スポンサーリンク
雑感雑記
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。