不人気セクターへの投資は報われるか

お気軽にシェアしてください

スポンサーリンク

Twitterでフォローしている方(わかま屋さん)のブログ記事にインスパイアされました。

iシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF(ITA)のパフォーマンスがすごい(一方通行投資で気楽に資産形成。)

上記リンク記事によりますと、

・Dow Jones U.S. Select Aerospace & Defense Indexへの連動を目指す米国ETF(ボーイング、ユナイテッド・テクノロジーズ、ロッキード・マーチンなど軍需産業に集中投資)の過去10年間のパフォーマンスが、米国市場全体に投資するバンガードのVTI対比で、なんと95%上回る好成績を残している。

そうです。

投資先の兵器企業群は「死の商人」とも揶揄され、お世辞にも「いい会社」とは言うことができない先への投資です。

こうした、倫理的に問題を含んだ「不人気セクター」については、心理的・道義的に違和感を持つ個人投資家や機関投資家も多く、それがため、投資に踏み切る投資家には「高リターン」をもたらすようです。

これは、たばこ業界への投資にも当てはまります。

健康に悪影響があること、訴訟リスクがあることから、たばこメーカーへの投資はその分不人気となるため、実際に投資する者へは高いリターンを過去はもたらしてきました。

シーゲルの名著『株式投資の未来』において、フィリップ・モリスへの投資が非常に高いリターンをあげていることが紹介されていることは、有名ですね。

個人的には、たばこメーカーへの投資はこうした点を積極的に利用して個別株で投資しています。でも、さすがに兵器企業群への投資は躊躇しますね。(追記あり)

  1. 「いい会社」に積極的に投資する(参考:SRIとESG投資の違いとは?
  2. 一般の人に好まれない企業に敢えて投資する
  3. 選り好みせず、市場全体に投資する

という3つの区分けで投資を分類することも可能ですが、最初の2つはアクティブ投資、3つ目がインデックス投資になります。

インデックス投資だと、自分の嫌いな企業や不祥事を起こした企業にも投資することになるため、それを理由にインデックス投資はしないという方の話を以前聞いたことがあります。

この辺りは、人それぞれの価値観に大きく左右されますね。

<お知らせ>

ブログ名でTwitterのアカウント(参考リンク)があり、現在2200名を超える方からフォローいただいております。RTが多いですが、毎日朝から晩まで何かツイートしています。

(追記)
その後、ロッキード・マーチンに投資しました。

I hope you like it.