セミリタイア5年目の2023年を総括

アマゾンの合理性

この記事は約2分で読めます。

エントリー「ついにレコードプレーヤーを導入」の通り、従来、音楽は主にCDで聴いていましたが、5月にプレーヤーを購入し、最近はレコードも聴くようになりました。

レコードは、全く新規のアルバムを購入するものも中にはありますが、既にCDで持っていたものをレコードで改めて購入するものが殆どです。

ロックやジャズなど、お気に入りのアーチストのアルバムをほぼ毎日アマゾンなどネットで注文しています。

既に50枚以上購入

昨日、レコードラックの上段に収納したレコードの枚数を数えると、既に50枚超えていました。数えた後、夜中に「どさっと」配達されたので、もう60枚近くあるかもしれません。

まだ、しばらく、この調子でレコードを買って、聴く日々が続きそうです。

不良品が出現

CDでは最近、不良品の経験をしたのがいつか思い出せないくらい、不良品に当たらないのですが、レコードは一定割合で品質不良のものがある様です。

レコードコレクターの友人によれば、特に輸入レコードはジャケットが潰れていたり折れていたりも「普通」にあるとのこと

私が今週買ったジャズのレコードも、一つはタワーレコード、もう一つはアマゾンで購入した商品の中に再生不良になるものがありました。

いやぁ、気分は正直悪くなりますね。

返品対応に差があり

まず、先に交換手続きをしたタワーレコードでは、問い合わせ経由で照会をかけたところ「順次ご返信いたしておりますが、ご返信まで約1週間ほどお日にちがかかる場合もございます。」と受付をされた上、具体的な対応連絡は翌日以降でした。(人間が介在しています)

一方、アマゾンについては、サイトの購入履歴の箇所から簡単に選択していくだけ

今日、同じ商品での交換をお願いしたところ、即、新しい交換商品が発送され、月曜日には届く見込みです!

なんという割り切り、合理性でしょうか。

この潔さ、私は好きです。

今後も、ネットでレコードを買う場合には、アマゾン優先にしたいと思います。

I hope you like it.

アマゾンを溺愛する私の注文件数の推移
私の過去全てのアマゾン日本法人での「お買い上げ点数」を確認。 自他共に認めるアマゾンのヘヴィー・ユーザーです。 アマゾンの「アカウントサービス」ー「注文履歴」ー「注文」と辿っていくと「年」別の注文実績が誰でも確認可能です。 なお、本投稿は少...
スポンサーリンク
雑感雑記
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。