アルトリア・グループ(MO)から配当をいただきました。

米国株投資家には痛い円高

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

比較的堅調に推移していた株価ですが、トランプ米大統領が8月1日に中国への関税をほぼ全製品に広げる「制裁第4弾」を9月に発動すると表明したことを受けて、内外の株式が今週急速に下げました。

そして、米国の株価の下げよりも、大きく下げるのが日本市場という「いつもの」パターンでした。

まぁ、米中貿易戦争に起因したこうした株価の乱高下は、私の中では想定内であり、せいぜい「機会」として利用してやろうと思っています。
(参考)

トランプ氏の発言には振り回されず「利用」しよう。

実際、昨日、大きく下げた日本株式市場においては、前日にたまたま「花王」株式を大量に購入していたため、ポートフォリオの痛みが軽減され、逆に値上がりした花王株式を一部売却して、急激に下げた複数の株式に追加・新規投資を行いました。相場が荒れるときは、優良株に投資できるチャンスですが、皆さんはどの様に対応されたでしょうか?

さて、個別株の株価の変動とそれを踏まえた対応については、ある程度、自分なりに納得のいく対応ができる自信がありますが、如何ともしがたいのが「為替レート」です。

依然として、円高に弱い傾向がある日本株ですが、日本株についてはポートフォリオの組み方次第で、為替レートの影響は軽減できますが、問題は米国株(他の海外株も同様)です。

今週、ドル円レートが108円台から106円台に一気に動きました。

僅か2円と思うかもしれませんが、率にすると約2%の変動となります。

この2%の円高方向の変動は、例外なく外貨資産について円換算した評価額を目減りさせます。

なので、米国株が下げ、為替も円高に振れた場合には「ダブルパンチ」で資産評価額が減ることになるので、ギョッとしますよね。

この円高による目減りは、個別株投資・インデックス投資の区別なく一律に影響を受けるので、投資初心者の方はご注意ください。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
エルをフォローすると更新情報が届きます。
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記