これが、米国株の実力です。

個別株の売買は99%「成行」で実施しています。

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

以前、「指値(さしね)注文のリスク」という記事を書いたことがありますが、今日は「成行」注文の話をしましょう。

時々、投稿している通り、私の日本株の投資はコアの部分をプロの有償の助言を取り入れて行っています。
(参考)【重要】資産運用に新たなスタイルを取り入れます。

これは、助言者の山本潤氏への信頼、オンライン会員相互の切磋琢磨や情報共有への期待、そして必ずしも私自身の投資アイデアがいつも上手くいくかどうか分からないから(ヘッジの意味合い)です。

たまたま、最近、ある銘柄への新規「買い」の指示があったのですが、購入想定単価の範囲を即超えて株価が上昇してしまい、多く?の会員がまだ買えていないことが会員の間で話題となっています。

私はエントリー「指値(さしね)注文のリスク」にも書いた通り、日本株に限らず米国株含めて、売りも買いも「成行」で行うことを基本としているのですが、上記有償サービスで組んでいるポートフォリオは流動性の乏しい銘柄も多く含まれるので、助言は「指値」が原則となっています。

それでも、私が「成行」を基本として考えているのには理由があります。

それは、私が株式を買おうとするのは、その時の値段で投資すれば利益が得られると思うからであり、中長期なスパンでポートフォリオを組もうとするのであれば尚更「僅かな」単価の違いを気にするのはナンセンスだと考えるからです。

実際には、指示のあった株数を全て一度に成行注文を出すのではなく、最低単元株だったり、指示の半分の株数でまず注文するなど分散して様子を見ながら注文するようにしています。結局、この様な方法を取った方が当初想定したレンジと大きく逸脱せず、かつ早期に約定が可能となります。

ちなみに、私は比較的短い期間での売買も行いますが、この時も常に「成行」です。逆に言えば、約定価格の僅かな差が気になる水準では、成行で売買しないということです。

以上、所属する投資グループの間での話題に絡めて、記事としました。

I hope you like it.

『初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略』(山本潤)
私が絶大なる信頼を寄せる山本潤氏の本が出たので、到着した日に即読了しました。 山本氏のことをご存知ない方も多いと思いますので、まずはプロフィールからご紹介します。 山本潤さんはどんな人? ・1963年年10月生まれ。1988年...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記