「 投資本 」一覧

スポンサーリンク
個人型確定拠出年金に関する本なら、この本1冊で十分

個人型確定拠出年金に関する本なら、この本1冊で十分

2017年施行の法改正により、「個人型」確定拠出年金(個人型DC)に今年1月から「60歳未満の人は原則誰でも」加入できるようになりました。 ...

記事を読む

『金持ち父さん貧乏父さん』はやはり読む必要がなかった

『金持ち父さん貧乏父さん』はやはり読む必要がなかった

2000年の当初出版以来、いまだにこの類いの本のベストセラーランキングで上位を維持しているロバート・キヨサキの『金持ち父さん 貧乏父さん』の...

記事を読む

『「お金」の考え方』(山崎元・岩城みずほ共著)はお金と人生の解決本

『「お金」の考え方』(山崎元・岩城みずほ共著)はお金と人生の解決本

経済評論家の山崎元氏とファイナンシャル・プランナーの岩城みずほ氏の共著となる本を、岩城氏から献本いただき読了しました。 山崎元さんとは...

記事を読む

スポンサーリンク
内藤忍氏のあの「問題書?」が大幅に内容改訂されていた

内藤忍氏のあの「問題書?」が大幅に内容改訂されていた

暑い日が続きますね。 8月になったら、夏休みを取得しようと思っているので、もうひと頑張りです。 日曜日の今日は、午前中にいつもの...

記事を読む

【再読】マネーの公理 マックス・ギュンター

【再読】マネーの公理 マックス・ギュンター

10年以上ぶりに一字一句kindleで再読しました。 本書は1985年に初版が出た『The Zurich Axioms』という...

記事を読む

【再読】いまこそ始めよう 外国株投資入門 尾藤峰男

【再読】いまこそ始めよう 外国株投資入門 尾藤峰男

最近、米国株投資を「本格的」に行い始めました。そこで、以前読んだ外国株投資の参考書を再読しました。 (過去の書評)【読書メモ】いま...

記事を読む

米国会社四季報

米国会社四季報

会社四季報を出版している東洋経済新報社から出ている「米国会社四季報」を初めて購入し読み終えました。日本版の会社四季報(四半期毎に発行...

記事を読む

(読了)臆病な人でもうまくいく投資法 竹川美奈子

(読了)臆病な人でもうまくいく投資法 竹川美奈子

ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子氏がプレジデント社から今年3月に出版したばかりの本(紙)を読みました。 読みやすい本なので...

記事を読む

ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第11版)は期待ハズレ

ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第11版)は期待ハズレ

バートン・マルキールの『ウォール街のランダム・ウォーカー(原著第11版』を読了しました。原書は1972年に出版され、それ以来ほぼ4年に一度改...

記事を読む

【必読】投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス

【必読】投資で一番大切な20の教え ハワード・マークス

以前書いた記事をごく一部修正したうえで転載します。 世界一の投資家として知られるウォーレン・バフェットが、「極めて稀に見る、実益のある...

記事を読む

全く投資をしたことがない友人に勧めた投資本

全く投資をしたことがない友人に勧めた投資本

【L】レバレッジ投資実践日記の管理人のエルです。 今月から独自ドメインを取得し新しいアドレスでブログを書きだしましたが、おかげさまで開...

記事を読む

スポンサーリンク