2017-07

投資本

『株式投資の未来』(ジェレミー・シーゲル)は外国株投資家の必読書

何をもって「投資本」と定義するかは、人それぞれですが、軽く300冊以上「投資本」を読んできた私が、自信を持ってオススメするのが本書『株式投資の未来』(ジェレミー・シーゲル)です。 初めて読んだ時、まさに「目から鱗が落ちた」経験しました...
投資本

『株式投資』(ジェレミー・シーゲル)は株式投資の基本図書

今日は過去に読んだ投資本の中から、良書をピップアップしてご紹介しましょう。(しばらく、同様の記事が続きます) 今回は個人投資家の間で、特にインデックス投資家の間で支持者の多いジェレミー・シーゲルの『株式投資』を取り上げます。 私...
投資活動

【米国株】2017年7月の運用成績(△)

7月は残り1営業日残しており少し早いですが、休日の時間のある時に運用成績の確認をしておきたい思います。(追記:7月実績のみ月末の値に時点修正) 7月のパフォーマンス S&P500:2.06% My Portfolio:1....
投資に対する考え方

お答えします。私が「米国個別株」投資をする理由

今回はブログ読者からの久しぶりのご質問にお答えしましょう。 <ご質問内容>(そのままです) いつも楽しく拝見させていただいております。 一つお尋ねしたいことがあります。 米国株について、ETFをポートフォリオに組み込...
推奨書籍

『老後不安がなくなる 定年男子の流儀』(大江英樹)は定年「前」に読むべき

経済コラムニストでオフィス・リベルタス代表の大江英樹氏の掲題の本を読了しました。 著者にとって14冊目となる本書が出てすぐに著者から自宅宛「ご恵送」いただき、すぐに読み終わっていましたが、ブログに個別記事(単独)として取り上げるのは初...
投資本

改訂版を出して欲しい『ETF投資入門』(カン・チュンド)

この本は今から7年前、著者と初めてリアルでお会いした際、本人から帰りの電車の中で頂戴した本です。 カン・チュンド氏といえば、「ETF(上場投資信託)のNO.1アドバイザー」と称して問題がないと思いますが、本書はETFを熟知した著者がそ...
雑感雑記

楽天証券 投資セミナー 堀古英司氏の講演を聴講

今日は両国国技館において、私のメインで利用する楽天証券のサービス開始18周年記念投資セミナーが開催されました。 私は旧ディーエルジェイダイレクト・エスエフジー証券の時代、平成16年に口座開設して以来取引しています。 さて、プログ...
ブログ運営

新ブログ名は【L】米国株投資実践日記に決定

2007年12月以来、「レバレッジ投資実践日記」の名前で運営してきましたが、名前と実態の乖離が当初より大きく、ブログタイトルの変更を何度もこれまで考えてきました。 今般、現在の資産運用が「米国株」への集中投資(参考→米国株ポートフォリ...
ブログ運営

過去記事を大幅削減した理由(わけ)

当ブログは、アドレス変更前はライブドアブログで書いていましたが、2016年1月に独自ドメインを取得し今はワードプレスという世界で一番使われているツールで書いています。 ワードプレスで書くようになってから、アドレスが変更になったことによ...
投資に対する考え方

投資はやっぱり比率ではなく「金額」で語りたい

よく、個人の資産運用に関するメディア記事やブログで、例えば「リスク許容度」が話題になりますね。 マーケットが悪い方向に動いた場合に、自分のポートフォリオ全体が何%までの下落までなら耐えられる(経済的・精神的の両面で)のかを、予めイメー...
雑感雑記

2017年上期の読書活動を分析

昨年「8月の読書活動を分析」という記事を書いたことがあります。 これは、 ・ズバリ読んだ本の満足度の分布 ・独自の区分けである「僕の読書における3つの領域」による仕分け ・良かった本 を紹介したものでした。 ...
Advertisements