これが、米国株の実力です。

米国株投資家に推薦する5冊

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

エルです。

私は1991年から株式投資を始めました。米国株に初めて投資したのは2005年のアマゾン・ドット・コムです。

そして、その後、中断していた米国株投資を再び本格化したのが2016年前後です。

株式投資歴そのものは長くても、やはり日本株と米国株では違いがありますね。

さて、最近、一段と関心を持つ人が増えている米国株投資について、お勧めの本をご紹介しましょう。

まず、手始めに何か一冊をお考えの方にオススメなのが、出来立てホヤホヤの「はちどう」さんの本

『世界一やさしい 米国株の教科書 1年生』は長く使える1冊
米国株ブロガー歴において「先輩」の「はちどう」さんが、とってもナイスな本を出版されました。本日は本書のご紹介です。 まず、結論から申し上げますと、物凄く「完成度の高い投資本」に仕上がっていました。 はちどうさんのプロフィール ...

タイトル通り「教科書」として、お手元にあると重宝すると思います。

次に読んで欲しいのが、米国株ブログ界のトップに君臨する「たぱぞう」さんの本

お金が増える 米国株超楽ちん投資術 たぱぞう
先日ご紹介した『寝ながら稼げる グ〜タラ投資術』の著者たぱぞう氏のもう一冊の本です。こちらも「献本」いただきましたので、簡単にレビューを書かせていただきます。 目次 まずは目次です。今回の本はこの様になっています。 第1章 た...

2冊ほぼ同時に出版されていますが、はちどうさんの本を買うのなら、この本との組み合わせが良いです。個別株よりもむしろインデックス投資を一般の方には推奨しています。一方で、大きな資産(早期退職を可能とするような)を築くには、やはり個別株などによる一定のリスクテイクが必要であることも述べています。

次に、特に個別株投資を深く研究したいという方にお勧めなのが「ひろめ」さんの本です。私のような適当な投資家と違って、かなり綿密に分析したいタイプの方に好適です。また、本書のもう一つの価値が配当金生活者(専業投資家)が知りたい税金や社会保険料などの解説が充実していることです。必携です。

【配当金生活者の必読書】バリュー投資家のための「米国株」データ分析(ひろめ・著)
発売前から注目し、アマゾンで予約注文していた本書。 バリュー投資家のための「米国株」データ分析:ひと握りの優良株が割安になるときの見分け方(ひろめ・著) 手に入れて、今回は「気になる箇所」から最後まで読み終えました。 はい...

そして、個人投資家ではなく「投資のプロ」の本を読んでみたいという方にお勧めなのが在米の広瀬隆雄氏の本です。出版が2013年11月と少し古いですが、最近私も再読して新たな「発見」がありました。やはり、一度は読んでおきたい一冊です。

【再読】Market Hack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法
久しぶりに再読。 著者は、広瀬隆雄氏。カルフォルニア在住の投資顧問会社の代表の方です。JPモルガンやSGウォーバーグなどを経て、現在は独立。個人投資家にもお馴染みのMarket Hackの編集長でもあります。 タイトルをよく見て...

最後は、金融機関から完全独立したFP・資産運用アドバイザーとして活躍している尾藤峰男氏の本。元日興證券の証券マンです。本書はさらに古い(2010年出版)ですが、米国株投資というよりも海外への投資の魅力をわかりやすく説明してくれています。そういう意味では、必ずしも本格的に米国株投資を始めることに踏ん切りがついていない方が、最初に手にとっても良いでしょう。

『いまこそ始めよう 外国株投資入門』(尾藤峰男)は米国株ビギナーに好適
最近、米国株投資を「本格的」に行い始めました。そこで、以前読んだ外国株投資の参考書を再読しました。 本書は、外国株初心者だけでなく、経験のある方も再度「原点」に立ち返って米国株を始めとする「外国株」投資について再考するのに最適...

以上です。

皆様の投資ライフの参考になれば幸いです。

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
推奨書籍
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記