2021年のまとめ記事

拙著発売から1年が経過

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

おかげ様で、昨年ダイヤモンド社から出版した『英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円』が本日で丸1年となりました。

スポンサーリンク

出版に至る経緯

人生に一度くらい本を出してみたい!という願いを持つ人は多いと思いますが、自費出版ではなく商業出版をすることは「ビジネス」なので、そう安易とは実現に至らないものです。

私がダイヤモンド社という大手で本を出せたのも、こうしたブログを長く続けていたこと等に加え、たまたまダイヤモンド社に知人がいて、その方に私から「ダイヤモンド社さんの方で何かお役立ちできることないですか?」という様なメッセージを送ったところ、とんとん拍子で話がまとまった経緯があります。

この様に、やはり巡り合わせ、運のようなものを感じます。
(参考)「幸運とは準備と機会が出会ったときに生まれるものだ」

出版後はたくさんのメディアからお声がかかりました

本を出す前にも、ラジオに出たり、不定期にマネー雑誌に取材を受けて掲載されていましたが、やはり本を出した効果は大きかったです。昨年は毎月紙の媒体もしくはオンラインで私エルのことを取り上げていただきました。
(参考)メディア掲載

また、2つのマネースクール(フィナンシャルアカデミー、Global Financial School)に登壇したり、著者の大江英樹さんとコラボのイベントをしたり、それまで経験をしたことがなかったことも経験することができました。

人の前で話をすることも緊張しますが、誰もいないところで収録するのは、大変難しかったです。

多くの方に読んでいただきました

発売早々に増刷になり、現在、2刷16,000部です。発売時はAmazonの和書の総合ランキングで確か最高66位まで上昇したことがありました。Amazonのレビューも240を超える多くの読者につけていただき、感謝しております。

自分でも、書店に行ったら必ず自著があるかどうか確認しています(笑)

なお、電子書籍でAmazon・楽天両方で入手可能である他、音声版Audible版でも購入可能となっています。

想定読者など

まだ、お読みになっていない方はよろしければ以下の記事もご覧になった上で、書店で手に取っていただけますと幸いです。

拙著の想定読者など
エルです。 拙著の出版前1月に「『【エル式】 米国株投資で1億円』 の概要を著者自らご紹介」という記事を書きました。 これを書いたのは、本を読む前の「期待」と「実際」の距離を事前に埋めておく目的です。 1月はまだこの本が書...

なお、決して、これを買えば儲かる!という様な個別銘柄の特集本ではないのですが、本書で紹介した私の主力株「最強の10銘柄」は何とか無難に推移しています。
(参考)「最強の10銘柄」の株価騰落率(2021/12/31時点)

米国株への投資は一過性の「ブーム」などではなく、投資の基本、コアとして誰でも考える時代だと思います。

今は投資環境(ネット証券、格安の手数料、特定口座対応、各種無料のツールの存在等)も大変恵まれています。

米国株投資はいつ始めるの?今でしょ!

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記