「1億円では足りないだろ!」に対するご回答

自宅不動産が「小さく」なった件

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

昨年から準備を進めていました自宅の住み替えの件、過日、マンションの売買が無事に終わりました。

今回は、このことを受けて、割と「大きな」変化について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

経緯(おさらい)

まず、昨年11月に長く住んでいるマンション(新築で購入)について、売却が決まりました。
(参考)自宅の売却が決まりました。

引越しを決めたのは、高校に通う息子の通学の利便性等を考慮してのことですが、あっさりと買い手が現れたので驚きました。

そして、翌月の12月には「今度は買い契約が完了」しました。

買う方も、株式投資と同様、決断は速かったと思います(笑)

「小さく」なったのは「面積」だけではない

では、ここから本題に入りたいと思います。

まず、家の面積は約90平米から80平米弱に小さくなりました。部屋数が1つ減りました。

今までのマンションでは、一番大きな洋室が「殆ど物置」状態だったのと、収納が豊富な間取りだったので、引越しに際してはモノの処分が大変でした。

新居に移ってからも、しばらくはモノ減らしに注力する予定です。

では「小さく」なった別のものとは何でしょうか

それは、住宅の資産価値(金額で表される)です。

別の表現をすれば、不動産に投下している資金のことです。

今回、引越しの主たる理由は冒頭に書いたように家族の利便性でしたが、投資家エルとしては、この機会に不動産の一部流動化(資金化)を図り、家に固定されていたお金を一部投資に回せるようにしたわけです。

思い起こせば、「マネーフォワードの管理対象に自宅を追加して感じたこと」(2019/9/17)という記事を書いた時にも認識していましたが、初めて家を買った20年前とは違い、我が家の総資産における住宅のウエイトは低下しています。

この間のイメージを記すと以下の様な感じになります。(あくまでイメージです。実際の金額等とは異なります)

<33歳:初めて家を買う>
・新築マンション:5,000万円(65平米)
・頭金1,000万円
・住宅ローン4,000万円
・投資資金を確保するためには、敢えて住宅ローンを多めに借りてレバレッジ投資(住宅ローンと両建て投資)
・それでも、その他金融資産はそれほど多くはなかった

<40歳:最初の住み替え>
・上記マンション(都内)を売却して、首都圏(郊外)の新築マンションを購入
・レバレッジ投資を継続。3年後に住宅ローンは当初借入から10年となる43歳で完済。実質的には、それよりも前に無借金状態

<53歳:2回目の住み替え>
・同様に首都圏(郊外)の中古マンションに住み替え。
・築古につき、自宅売却代金で余裕で購入できた。これで増えた「軍資金」(4桁万円)を早速内外株式に投資中

普通、家と言えば一般的には一生に一度あるかないかの「大きな買い物」と称されるように、もし家を買ってしまうと、しばらくその他にはお金が使えない状態になるし、資産に占めるウエイトが非常に大きくなるのが一般的です。

でも、我が家の場合には、株式投資で順調に資産形成を図ってきたため、現在では自宅不動産が総資産に占める割合は約1割に縮小しています。

もはや、金額の上では特別重要な資産ではない、と言えます。

家は「資産価値」だけでは語れない

では、私が家のことを軽視しているかといえば、決してそんなことはありません。

私は毎日を過ごす家や自宅の周りの環境は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高めるために、とても大切なものと考えており、だからこそ、ファミリーに合った物件の選択肢が賃貸に比べて多い購入(所有)を選んできたのです。

確かに、金額換算の価値は低下しましたが、新居の周辺環境については、今までよりも多くの食事のできるお店などがあり、楽しい生活が待っていることを期待しています。

I hope you like it.

自宅(不動産)のマネジメントはれっきとした資産運用
資産といえば金融資産に限りません。 中には不動産投資をされている方もいますね。私は投資用不動産は投資というよりもビジネス・経営のセンス(入居者募集・入居者のケア等)が必要なものという認識であり、自宅以外には不動産は所有しない考えです。...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑感雑記
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記