主要米国株の株価上昇率を調べてみたら

エルです。

投資先や米国株ブロガーの間で人気の主要米国株(一部英国株含む)について、私が就職した1990年(使ったツールの都合上、4月ではなく1月から)から2018年4月までの株価上昇率を調べてみました。

S&P500の成績

・個別株の上昇率の前に、まずは米国株式市場の状況を表す代表的な指数(S&P500)が、この間どの様になっていたか確認しましょう。
・初期の投資元本を10,000ドルとすると、これが先月(4月)には複利運用の結果132,622ドル(年率9.55%:約13倍)となっていました。
・28年以上の長い期間を平均で10%に迫る好成績。さすがですね。何も考えず、インデックスに投資していたら、13倍になったことになります(ただし、本邦からの投資家の場合には円高による目減りあり)。

私の現在の投資先

・現在の投資先のトップはアマゾン・ドット・コムですが、今回の計測開始期間のトラックレコードは取得出来ません(まだ上場していない)。この様に、全ての投資先のデータを揃えるのは無理なため、得られる範囲で10銘柄を調べた結果が以下の通りです。

 銘柄名ticker   株価上昇率(年率)
ホームデポHD     19.34%
アルトリア・グループMO     16.08%
エコラブECL     15.63%
ロッキード・マーチンLMT     15.39%
S&PグローバルSPGI     15.05%
ユニオン・パシフィックUNP     13.65%
スリーエムMMM     11.39%
ユニリーバ(ADR)UL     11.19%
ペプシコPEP     10.80%
ウォルト・ディズニーDIS     9.93%

・先日投稿した「米国株ポートフォリオ」には金額些少のため掲載していないペプシコ含めました。上昇率トップは全米一のホームセンターであるホーム・デポでした。ちなみに、投資元本10,000ドルが1,498,803ドルとなんと約150倍に増える計算結果になりました。
・この中で一番成績が悪いウォルト・ディズニーの場合、元本は約15倍でした。

バフェット太郎氏の投資先

・米国株投資家の間では有名で、先日、本も出版した個人投資家「バフェット太郎」氏のポートフォリオに含まれる先です。

『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』| バフェット太郎は好きじゃないが、この本は嫌いじゃない
米国株投資家界隈では、今や知らない人がいない有名人「バフェット太郎」(本人曰く「日本一アンチの多い米国株ブログ「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ」の管理人)が、初めて出版した話題の投資本(『バカでも稼げる「米国株」高配当投資』)をゴール...
 銘柄名ticker   株価上昇率(年率)
アルトリア・グループMO     16.08%
マクドナルドMCD     13.12%
ウォルマートWMT     11.73%
ジョンソン&ジョンソンJNJ     13.04%
コカ・コーラKO     10.41%
P&GPG     10.38%
エクソン・モービルXOM     9.93%
IBMIBM     8.75%
ベライゾン・コミュニケーションズVZ     7.11%
フィリップ・モリス(2009/1〜)PM     9.93%

ポートフォリオ運用した場合

 銘柄名計測期間   株価上昇率(年率)
S&P500Jan 1990 – Apr 2018      9.55%
マイ・ポートフォリオ(年1回リバランスあり)同上     15.65%
マイ・ポートフォリオ(リバランスなし)同上     14.82%
S&P500Jan 2009 – Apr 2018     14.48%
バフェット太郎(年1回リバランスあり)同上     11.06%
マイ・ポートフォリオ(年1回リバランスあり)同上     20.45%

・実際は個別株で毎年リバランスなんて面倒でやらないですが、リバランス効果は確かにある様です。
<注意> なお、バフェット太郎氏、エルとも上記期間で実際に運用した実績はありません。念の為、申し添えます。

追記)その他株式の上昇率(Jan 1990 – Apr 2018)
・アップル(AAPL)19.55%
・IBM(IBM)8.75%
・AT&T(T)7.21%
・バークシャー・ハサウェイ(BRK.A)13.19%

I hope you like it.

保有株式の最近の騰落率です。

保有外国株式の騰落率(2018/6/15時点)
2018年も早くも前半が経過しようとしています。 そのため、投資先の米国株を中心とする外国株について、年初来と過去1年の株価の値動きを調べてみました。 年初来(YTD)の株価騰落率 上昇率トップ5 1 AMZN 46.73% ...

コメント