Financial Academyで初めて講師を務めます。

米国株ポートフォリオの拙著掲載内容との比較

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

2月に出版した拙著には、私の米国株ポートフォリオ(2020年12月末時点)を掲載しました。

ブログ読者やツイッターのフォロワーの方には、その後、適宜、変化をシェアしていますが、ここで改めて主な変化をお示ししておきたいと思います。

スポンサーリンク

拙著に掲載した米国株ポートフォリオ

本に掲載した銘柄と同じものをブログ記事としています。2020年12月末時点では全部で44銘柄に投資していました。

【米国株】ポートフォリオ(2020年12月末)
セミリタイア2年目の年末の米国株ポートフォリオは、44銘柄で着地しました。 Name Ticker Weight(%) バンガード・米国増配株式ETF VIG 8.77 アマゾン・ドット・コム A...

現在(2021/5/19終値ベース)との主な変化

主な売買

<新規購入>
・アドビ(ADBE)
・インテル(INTC)
・マクドナルド(MCD)
<売却>
・クラウドストライク(CRWD)(掲載時の組入ウエイト:2.11%)
・テスラ(TSLA)(同上:1.75%)
・スクエア(SQ)(1.62%)
・CVSヘルス(CVS)(1.61%)
・ペロトン・インタラクティブ(PTON)(1.51%)
・ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZOOM)(1.05%)
・ドミノ・ピザ(DPZ)(1.05%)

コメント

基本的に米国株については、長期保有を心掛けていますが、少し「絞る」方向でこの間取引をしました。以下は上位組入銘柄です。組入トップはバンガード・米国増配株式ETFで不変。2位から4位も変化なしです。

1 バンガード・米国増配株式ETF(VIG)
2 アマゾン・ドット・コム(AMZN)
3 マイクロソフト(MSFT)
4 アップル(AAPL)
5 ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)
6 ダナハー(DHR)
7 ホームデポ(HD)
8 ビザ(V)
9 マコーミック(MKC)
10 ユニオン・パシフィック(UNP)
11 ロッキード・マーチン(LMT)
12 チャーチ・アンド・ドワイト(CHD)
13 ナイキ(NKE)
14 コストコ・ホールセール(COST)

第5位から14位までが、いわゆる「最強の10銘柄」です。
(参考)【米国株】これが「最強の10銘柄」かもしれない!?

拙著掲載時、10銘柄合計で28.85%のウエイトでしたが、32.5%に上昇しています。売却した資金等を意識的に、これらの銘柄に振り向けた結果です。(順位の変化は特に意味ありません)

上記以外で、主な変動は

・15位:スリーエム(MMM)(2.17% → 2.95%)
・16位:シャーウイン・ウイリアムズ(SHW)(1.83% → 2.92%)
・21位:S&Pグローバル(SPGI)(1.35% → 1.92%)

あたりとなります。

なお、全般的に新興企業やいわゆるグロース銘柄と呼ばれる銘柄へのウエイトは抑制気味にポートフォリオ運営しています。「安定的」で大きく「負けない」運用を継続してまいります。

(参考)
米国株ポートフォリオの近況(2021年3月)
アドビ(ADBE)に再投資
インテル(INTC)に新規投資
テスラ株式を売却
【米国株】2銘柄(SQ・CRWD)を売却

I hope you like it.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産内容
スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援(クリック)が励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク
シェアしていただけると、とても嬉しいです!
この記事を書いた人
エル

50代、4人家族。1991年株式投資を開始。リーマンショックの影響により過去最高の含み損を抱えるも、2009年末に復元。2011年レバレッジ投資(両建て投資)終了。2019年セミリタイア。現在は米国株を中心に運用中。趣味は読書で「積ん読」は数百冊を誇る。音楽や映画鑑賞も好きです。

エルをフォローすると更新情報が届きます。
【L】米国株投資実践日記